2015年06月27日

浦和5−2新潟

完敗

これ以上無いほどの完敗です。

選手のレベルもあちらが上ですが、何よりチームとして完成度が全然違います。

序盤新潟が少しペースがつかみかけたところをキッチリしのぎ、決定機はしっかりと決める。
新潟が最も苦手とする部分をいとも簡単にやってのけます。

象徴的なのは、キーパーが飛び出した後のガラ空きのゴールに山崎選手がふかしたシーンです。
これと似た様なシーンを浦和はキッチリと決めました。
「良いゲームをしていても勝てない」
というのはこういうシーンにあらわれているかと思います。
ただ、このゲームに限っては、その「良いゲーム」も出来ませんでした。

新潟のボランチ2人の勢いに任せた軽いプレーが目立ちました。
浦和の老獪なプレーの前にほとんど舵取りが出来ていなかったかなと。
ただ、浦和相手には厳しかったとしても、この二人の勢いが通じる相手はたくさんあると思います。
まあレオシルバが戻ってくれば、そこは問題ないと思いますが。。

組織でなかなか崩せない中、ラファエルシルバ選手のスピードを頼りにした攻撃には若干可能性を感じました。
ただ、もともとそれ程走れる選手ではないので、攻撃に守備に頑張った結果、精度を落としてしまったかなと。
中盤より後ろでもっと作る事が出来れば、ラファエルシルバ選手の決定力も活きてくるかと思います。


無敗のステージ優勝を成し遂げた浦和はかなり強かったので、この敗戦は引きずる事なく、セカンドステージに切り替えてもらいたいですね。
離脱した選手が戻ってきて陣容が整ってくれば、建て直しは十分可能かと思います。

そして、新潟のホームではこの強い浦和に勝ってもらいたいですね。
posted by BBSHIN at 21:08| Comment(0) | アウェイ戦

2015年06月20日

湘南1ー3新潟

劇的逆転勝利!
ここ最近、勝利が遠ざかっていましたが、待望の勝ち点3をゲットしました

前半は湘南の厳しい前からのチェックに、余裕を持ってボールを持てず、たまに前まで運べても攻撃は単発に終わりカウンターをくらうシーンも目立ちました

運動量で湘南に完全に負けてましたね

湘南の中に当てては戻してというパスワークについていけず、また、ドリブルで切りこんでくる選手へのマークも曖昧になっていました

後半、指宿選手にかえラファエル選手、小林選手にかえ成岡選手を投入すると流れは劇的にかわりました

小林選手は調子が悪かったのか、相手の中盤の素早さについていけなかったですが、成岡選手が入り中盤でのカットが増えました

ラファエル選手が、前線でボールを収めて散らす様になると、前半ほとんど上がれていなかったコルテース選手が躍動する様になりました
ドリブルで仕掛けられる選手が入ると相手DFも寄せられなくなってきます
こういった変化がチーム全体に波及し、全員がアグレッシブにプレーする様になったかと

守備に関しても、前半はひどかったものの、後半からはフォワードがしっかりとチェイシングしコースを限定し、中盤にボールが入る瞬間にしっかり寄せて当たる新潟らしい守備が出来ていたかなと
やっぱり、これをやってこそ新潟ですよね

リードしてからの、プレスをかけるラインの高さも絶妙でした
リスクをそれほど犯さないように前から行き過ぎず、スペースを開けないようにし、焦る湘南の安易なパスをカットし、また、危ないシーンはファウルでも止める、といった様にこんな試合巧者な新潟を見るのはいつぶり位でしょうか、、

久しぶりのアウェイ観戦となりましたが、熱い試合を観ることが出来て大満足です
posted by BBSHIN at 19:24| Comment(0) | アウェイ戦

2015年06月08日

新潟1−1名古屋 J1 1stステージ 第15節

最下位という厳しい状況の中、どうしても勝ち点3が欲しい試合でしたが、結果は1−1の引き分けとなりました。

前半から名古屋の決め事の様なパスワークに翻弄され、何度もゴール前まで迫られてしまいました。
名古屋の決定力不足、守田選手のビッグセーブなどもあり、ギリギリのところで防いでいましたが、失点のシーンのカウンターは残念でした。
永井選手のスピードもありますが、通常コーナーキックからのカウンターであそこまでフリーな選手が生まれる事は珍しいので、新潟の選手のリスク管理、ポジショニング・連携のミスが大きかったのかなと。
その後は、スタジアム観戦で遠目でハッキリとは確認できなかったのですが、普段は上がる大野選手を永井選手対策で残す様にしたでしょうか。
とりあえず、失点後のセットプレーのカウンターは防げていたので、試合の中で修正出来たのは良かったと思います。

新潟は相手のペナルティエリアに迫る辺りのパスでミスが多く、なかなか相手ゴール前まで持っていけません。
また、名古屋の選手に比べて、ダイナミックな動きが少ないと感じました。
そこは名古屋の川又選手の動きと比べると分かりやすかったと思います。
サイドがクロスを上げられそうな状況になると、川又選手はニアに飛び込み、空いたファーのスペースに別の選手が後ろから突っ込む、といった様に各選手が連動しスペース、フリーな選手の作り方が徹底されていると感じました。
新潟はクロスに対し、蹴る前からシュートを打ちたい位置にポジショニングしまっているので、フリーな選手が生まれにくい状況にしてしまっている様に見えます。

良かった点でいえば、最後まで闘志を剥き出しにボールに食らいついていった事です。
これは甲府戦では全く見られなかった熱さですね。
内容からいえば、ほとんど負けていた試合だったと思いますが、この気持ちがあったからたぐり寄せた勝ち点1だったのではないかなと思います。
とりあえず内容はさておき、今後もこういう新潟らしい戦いが出来ていれば徐々に浮上していけるのではないかなと思います。

あと、最近はコルテース選手の突破力がハンパじゃないですね。
試合中にポジションを下げた様に見えましたが、どこからでも駆け上がる姿には頼もしさを感じました。
開幕当初のあたふたした感じが全くなく、フリーでボールを持たせれば大抵ライン際まで個の力で持っていけます。
ここからの展開をもっと活かせればゴールを量産出来る日もそう遠くはないかなと。

次こそは勝利し、しっかりと勝ち点を積み重ねていってほしいものです。

個人的には、ここ最近アウェイはスカパー観戦が基本になっていましたが、湘南戦は久しぶりに応援に行きたいと思います。
アウェイの地で勝ち点3を手にし、その喜びと共に神奈川県の美味しい食事とお酒を楽しめたらと思っています。
posted by BBSHIN at 19:48| Comment(0) | ホーム戦

2015年06月04日

松本山雅0ー3新潟

初めてのナビスコカップ予選突破!
嬉しいですね〜

ただ、手放しで喜んでばかりもいられません

肝心のリーグ戦の方が最下位という厳しい状況ですからね

今回、新潟の選手は良いプレーをしていましたが、松本がメンバーを落とした事で、守備の甘さ、決定力不足に助けられた部分は大きいかと思います
松本は運動量を売りにするチームですが、この試合では動きも多くなく、先に疲れが見えたのも松本でした。
そうした部分でマークが甘くなり、二点目、三点目に繋がったと思います
(もちろん新潟の攻撃も良かったですが)
あとは、プレッシャーのかけ方も甘く、新潟の前線にボールが入っても寄せるだけでアタックしてきませんでした
リーグ戦ではこうはいかないと思います

守備面でも、松本が「あとはミートするだけ」というチャンスやフリーな状況でのミドルシュートを外してくれたのも大きかったですね
あれほど中盤の攻防で勝っていながら、あそこまで持っていかれてる事に若干の不安を感じました

と、色々書きましたが、やはり勝利は嬉しいです
この勝ち点3がリーグ戦に勢いをもたらしてくれる事を期待したいと思います
posted by BBSHIN at 13:00| Comment(0) | ナビスコカップ

2015年05月30日

新潟0−2甲府 2015年J1 1st第14節

ドロ沼の連敗

良いプレーをしていても勝てないという状況が続きながら、内容も悪くなるという最悪の流れとなってしまいました。

ナビスコカップ湘南戦こそ勝ちましたが、あれは相手のパスミスの多さ、連携の悪さなどに助けられる部分が多かったと思います。
ただ、指宿選手、山崎選手と運動量の少ない選手を途中出場させ、その二人が結果を残したのは良かったと思います。
やはり新潟は走れる選手でスタートし、流れを作らないとダメだなと感じました。

甲府戦では前半、ボールを持ってる時間は長かったですが、安全なパスで後ろで回しているだけで、前にボールをつけるとカットされるシーンが目立ちました。
前線の動き、守備の選手の攻め上がりなどがなく、流動性に欠く展開となりました。

良いチームであれば、3バックであろうが、4バックであろうが、人数をかけるべき所はかけるといった様に、フォーメーションに関係なく出来るものですが、新潟の場合は3バックにすると3人のディフェンダーが後ろに固定になる分、前の人数に欠け、また中盤の川口選手、コルテース選手がサイドに開きサイドバック的な動きをする事で中の密度が下がる傾向があります。
4バックの際にサイドハーフが中に絞りサイドバックが上がるスペースを作る様に、3バックの場合はハーフが絞って左右のディフェンダーが上がれる様にしたり、開いたハーフの中を切り上がったりと、DFがリスクを犯して上がるプレーと、それで空けた穴を中盤がカバーするリスク管理が自然と出来ていないと厳しいと感じます。
最近のJリーグで3バックを採用するチームはその辺りの事がクリア出来ているのに対し、新潟は全くといって良い程出来ていません。
後半、マイケル選手が意識的に上がる様にし、その問題はある程度解決しましたが、今までの試合を見る限りマイケル選手以外は出来ておらず、仕組み的に整っていなく個人の能力に頼っている状況に見えてしまいます。
そういった部分が自然と出来ていた4バックの方が無難な気が・・
ただ、今更戻しても積み重ねがなく、うまくいかない気もします。
相手に合わせる形を取るというのはどうも見ていて面白くないです。
それで勝てれば良いのですけど。

今年の新潟はかなりヤバいですね。
見ていて可能性を感じません。

なんとか浮上して欲しいものです。
posted by BBSHIN at 20:04| Comment(0) | ホーム戦

2015年05月23日

広島4−2新潟 2015年J1 1st第13節

2戦連続での惨敗

かなりヤバい状況です。

今年の新潟は過去に無い位に弱いです。

今までの苦しい時は、「続けていれば良くなるのでは?」という気持ちもありましたが、今年はそれがありません。

レオシルバ選手、ラファエルシルバ選手などの主力が欠けた時に、まともなゲームが出来ないという様に、チームとしての力が無いように感じます。

まず、新潟の生命線だった走力が格段に落ちています。

今のこの状況の新潟では、指宿選手の様なフォワードがいると、流れが停滞してしまいます。
このままのレベルの指宿選手をスタメンで使い続けると取り返しのつかない状況となってしまう気がします。
まず、スピードが無いのは見たままですが、ゴールに背を向けてのプレーでは懐の深さを活かして足元の収まりが良いものの、スペースへのボールの対応やディフェンスに寄せられた時のドリブルにはひどいものがあります。
ロングボールに対しても、高さでは勝つのですが、落とす位置が悪く効果的なプレーが出来ていません。
このポジションには、走れる選手をおかないと、今まで積み重ねてきた事が水の泡になってしまう気がします。
現状では、途中交代でのターゲットとして使うのが一番力を発揮出来るのではないかなと思います。

あと、ひどいのが誰もがそう感じているセットプレーの守備です。
ここを改善しないと、一発でゲームを決められ、どんなに良い展開をしていても全てが無駄になってしまいます。
ここまでセットプレーが弱かった新潟は過去に記憶にありません。

また、ここ数試合、相手に合わせてフォーメーションを変えています。
3バックをオプションとして持つのは良いですが、どこかぎこちなさを感じてしまいます。
色々な戦い方が出来る様な柔軟性があれば良いですが、今の状況は毎試合やり方を変えてバタバタしている様にしか見えません。

メンバーの離脱、出場停止など、苦しい状況が続いていますが、もう1つ2つレベルを上げていかないと、今年の新潟からは危険な香りがします。

しかし、まずは、どんな形でも勝ち点3を、、
次こそは勝ってもらわないと・・・
posted by BBSHIN at 21:15| Comment(0) | アウェイ戦

2015年05月16日

新潟0−3仙台 2015年J1 1st第12節

悔しい惨敗です。

ここしばらくは「良いゲームは出来ているものの結果が出ない」というのが続いていましたが、結果が出ないままその「良いゲーム」すら出来なくなりました。

攻撃も守備もバラバラです。
特に攻撃は攻め手に欠け、得点の匂いがほとんどしません。
試合開始からバタバタし全く形が作れない中、前半の終盤にサイドからいくつかチャンスを作れましたが、後半になりそれも陰をひそめる様になりました。

守備も今までよりも、ワンテンポ寄せが甘く、相手に余裕で回されてしまいます。
そうしたプレーの積み重ねがスタミナを奪い、更に後手を踏む様になっていった様に思えます。

このゲーム一番の問題はセカンドボールをマイボールに出来ていないという点です。
今までであれば、トラップして収めていたところも、ヘディングでクリアしたり、五分五分のボールに先に触れてもすぐに蹴ってしまったりと、今までであればマイボールに出来ていたシーンで、簡単に失ってしまっています。
これでは攻撃どころではありません。
レオシルバ選手の不在がここで大きく出る形になったかなと。
落ち着いて収めたり、競り合いの中でも、ワンタッチでフリーな選手に渡したりとしてくれていたレオシルバ選手がいないとここまで出来ないものなのかなと。
ただ、新潟の選手のレベルを見る限り、そういうプレーが出来ないような選手層でもありません。
この試合の新潟の選手は何か浮き足だっていました。
落ち着いてやれば出来るプレーも何か慌てていた様な・・
なんとなく「結果を出していない」という事と「簡単な失点が続いている」という事から、慌ててしまっている様に見えました。

GWの連戦あたりから感じていたヤバさが、そろそろ現実のものとして現れてきました。
この辺りで食い止めないといけません。
それには、まずは勝ち点。
現状、浮上する為にはまずは1でも十分な状況ではありますが、引き分け狙いでは今の新潟は取りこぼす可能性が高く、やはり3を取りに行って初めて勝ち点が得られると思います。
ラファエルシルバ選手がいるならまだしも、残りのメンバーで引いて守ってカウンターはありえません。
今のサッカーの精度を上げるしか手が無い現状かと思われます。

でも、ラファエル選手が復帰したならそれもありかも・・・

とりあえず、サポーターは信じて応援するのみです。
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | ホーム戦

2015年05月10日

横浜FM1−0新潟 2015年J1 1st第11節

またも勝てず、厳しい敗戦。。

両チームとも、決定機がそれ程多くない中、新潟のビッグチャンスは枠を捉える事は出来ず、マリノスは決定機をきっちりと決めてきました。

流れの中では、押し込む場面も多く良い展開ではありましたが、そういう流れの中からゴールを奪えず、結果相手に少ないチャンスを決められるというのは、今期何度も経験しています。
ここまで続くと、良いゲームは出来ても「勝ちきる力が無い」のではと感じてしまいます。

この試合、指宿選手が先発しましたが、高さを活かされる事はなく、懐が深くボールは治まるものの、スピードの無さとボール前へ運べない事が目立ちました。
山崎選手はスピードもあり、判断も良く、効果的なプレーが多かったですね。
決定的チャンスは決めてほしかったですが

やはり、ラファエル・シルバ選手の不在が大きいですね。
こういう状況になってくると、個の力での打開に期待したくなります。

実際そろそろヤバいと思います。
結果を出してくれないと・・・
posted by BBSHIN at 16:05| Comment(0) | アウェイ戦

2015年05月07日

新潟1−1山形 2015年J1 1st第10節

辛くも拾った勝ち点1

新潟がいつもの様なプレーが出来ず、テンポの良い攻撃が出せませんでした。
中盤でタメを作ったり、攻守のオンオフのスイッチを入れるレオシルバ選手の不在は大きかったかなと。
中盤でボールをまわせば、簡単なパスがカットされ、大きく蹴れば前線で収まらずと良いところがほとんどありませんでした。
ラファエルジルバ選手の不在も大きかったですね。
彼がいれば、もっと相手に脅威を与える事も出来たと思うので、欠場は残念でした。

流れの中での守備はかなり落ち着いており、山形に決定的なチャンスはほとんど作らせなかったと思います。
それだけに、ワンプレーで決まってしまうセットプレーでの失点はもったいなかったですね。

今季のセットプレーは、攻撃時には得点の匂いがせず、守備時には、大きなピンチを招いたりと、課題となっていますね。

ただ、そうした中でも、最後に同点弾をねじ込み、勝ち点1をケットしたのは相当大きかったかなと思います。

また、下位に低迷する現状では、山形に勝ち点3を与えずに済んだのも大きかったかなと。
寂しい話ではありますが・・

次こそは勝利し、そろそろ浮上してもらいたいものです。
posted by BBSHIN at 20:32| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2015年05月02日

松本山雅1−2新潟

アウェイでのタフで厳しいゲームでしたが、1−2での粘り勝ち。

なかなか勝てていない中、素晴らしい勝ち点3でしたるんるん

相手に合わせて3バックでのぞんだ事もあってか、前半はチグハグな部分が多く、簡単なミスを繰り返していました。
戦い方もロングボールやロングスローなどを多用する松本山雅に合わせ、新潟もディフェンスラインからのロングキック、ロングスローを織り交ぜていました。
細かくつなぐ事が多い新潟としては、意外な展開でしたね。
こういう展開は、ピッチ状況が悪かった鳥栖戦以来ではないでしょうか。

後半、松本山雅の足が止まってくれた事もあってか、徐々に新潟らしいパス回しが出来たいたと思います。
特に右サイドのマイケル選手の効果的な攻撃参加があり、相手の守備にズレを生んでいました。
3バックの場合は、やはり一人は出て行かないと攻撃の枚数が足りないですしね。
こういう形を左サイドでも作れる様になると、更にバリエーションが広がりそうですね。

一つ気になる点としては、セットプレーからの迫力です。
再三ゴールにせまってくる松本山雅に対し、新潟のセットプレーからはあまり可能性を感じられません。
中の動き、ボールの質など色々な原因があるのでしょうが、ここにもう少し脅威があれば、相手もやりずらくなってくるのではないかなと。
若干、小林選手のキックは置きに行く様なボールでスピードが無く、守備する側も守りやすそうに見えます。

あとは、コルテース選手がロングスローをする時にニアに張る選手がいないのも気になりました。
飛距離やボールスピード的にも、ニアですらして二人目で決めるイメージでいった方が良いのかなと。
対する松本山雅のロングスローはほとんどコーナーと変わらないので、かなり危険ですね。
むしろ、ボールの軌道がキックとは違い慣れていない分、コーナーよりもピンチに感じてしまいます。


ただ、何にせよ、勝てた事が一番大きいです。
内容もさる事ながら、この状況で必要なのは勝利でした。
アウェイでもぎとってきた勝ち点3は重要な意味を持ってくると思います。

そして、次のホーム山形戦。
ここは絶対に落とせません。
勝利が必須となってくるゲームです。
posted by BBSHIN at 22:32| Comment(0) | アウェイ戦