2014年11月03日

新潟1−2鹿島

先制点を奪いつつも悔しい逆転負け

前半は新潟が良い攻撃を繰り返し、その中で鈴木武蔵選手が先制点を決めました。
スペースが無い密集地帯を苦手とし、広いスペースでスピードを活かすプレーを得意とする鈴木武蔵選手ですが、この試合の前半は前方のスペースへのランニング、ディフェンスとボランチの間でのボールへの関与と良いプレーをしていました。

後半、流れは逆に鹿島に傾きましたが、メンバーチェンジにより新しく入った選手の働きも大きかったかなと思います。
交代で入る選手のスキルの高さもありますが、新潟の交代が後手後手となっているのも感じます。
過去の試合でもそうですが、新潟は交代が遅いと思います。
今回はそれが顕著にあらわれ、鹿島が2人かえて同点にされ、新潟が1人投入、鹿島が1人かえた後に逆転され、直後に新潟が2人投入と、それが全てではないのはモチロンですが、交代の遅さが影響している様に感じてなりません。
激しい運動量を求める守備をやっているので、90分走りきれる力があるといっても、疲れによりプレーの質は徐々に落ちていきます。
切り札的な交代も重要ですが、攻守で機能を維持する為にフレッシュな選手を入れる様な交代も必要なのかなと思います。
寄せられなくなったり、踏ん張りがきかなくなったりと、失点してしまってからでは遅いですし。

あと、攻撃で「最後のところで決めきれない」というのは、シーズンの終盤になっても解消されないまま、ここまできてしまいました。
この試合でも、「あれを決めていれば・・」というシーンがいくつもありました。
しかし、逆にそこまでいくだけのチームとしての力はついてきていると感じます。
指宿選手もチームに馴染み、的確なボールコントロールにより、流動的なボールまわしにうまく関与出来る様になってきました。
段々噛み合う様になってきたころには、シーズンが終わってしまうというのは残念なものですよね。
今シーズンはずっと勝って良くなったと思ったら次の試合では真逆の内容、結果となったり浮き沈みの激しいシーズンでした。
このメンバーでもっと成長した姿を見たいとも思いますが、あと少しでまた主力が抜かれ、一からチーム作りが始まるのかと思うと寂しい気分になってしまいますね。
残り試合、良いゲームをする事で本当に今後に繋がるのかは分かりませんが、それでもやはり良いゲームをして勝ってもらいたいです。
そして、良い形でシーズンを締めくくってもらいたいですね。
posted by BBSHIN at 22:43| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2014年10月26日

鳥栖0−2新潟

アウェイ鳥栖戦に勝利!

2対0でキッチリと勝ったゲームというのは久しぶりではないでしょうか?
ラストの鳥栖の激しいパワープレーも普段ならドキドキものですが、2点差があると落ち着いて観ていられますね。

決定的なピンチとしては、開始3分程でサイドからのクロスに裏に抜け出されてのシュート、右サイドを破られての水沼のシュートミス、エリア内での混戦からの2連続のシュート、位ではなかったでしょうか。
キーパーを含め、マイケル選手、大井選手などディフェンス陣の体を張ったプレーが光りました。

先制点の指宿選手は、そのちょっと前のドフリーでの絶好の決定機に枠を外してしまいましたが、2度目のチャンスでキッチリと決めてくれました。
得点シーンは相手のミスからのカウンターでしたが、その他でも鳥栖はDFが中に絞る傾向があり、大外の選手がフリーになる事が多かったですね。
というのも、ディフェンスの選手の問題だけでなく、小泉選手やレオシルバ選手のドリブルでの盛り上がりに、ディフェンスのマークが曖昧になったりと、全体的にズレが目立ち、それがDFラインの選手のポジショニングを悪くしていたかなと。
藤田選手の不在もあってか、全体的なバランスが悪かったなという印象です。

2点目の田中達也選手のゴールも素晴らしかったですね。
指宿選手が引き付け、完全にフリーになっていました。
ここでも、田中達也選手をみるべきDFの動きは、フォローなのか、マークなのか曖昧なものとなっていましたが、指宿選手のボールタッチを褒めるべきでしょう。

この試合では小林裕紀選手が出場停止となっていましたが、かわりに出場した小泉選手のプレーには光るものがありました。
特にボールを持った時の前への推進力、ボールが無い時の豊富な運動量など目を見張るものがあります。
パスやボールを落ち着かせる部分では、小林裕紀選手が勝っていると思いますが、全く違った魅力を持ったボランチですね。
将来有望な選手です。

やっぱり勝利というのは嬉しいものですね。
次のホームもしっかりと勝って、今シーズン2度目の2連勝といきたいですね。
posted by BBSHIN at 18:25| Comment(0) | アウェイ戦

2014年10月22日

清水2−1新潟

雨の中の清水戦、内容、結果ともに厳しいゲームでした。

前半はセットプレーからの失点以外でも、ほぼ清水ペースで進みました。
新潟はある程度チャンスを作るものの、前線での収まりが悪くリズムが出ません。
特に鈴木武蔵選手のプレーの精度がかなり低かったですね。
今シーズンの序盤はスピードと高さと強さで迫力あるプレーをしていましたが、代表から戻ってきてからのここ2試合は一つ一つのプレーが荒くなり、また、プレーの選択が悪くなったと感じます。
指宿選手も2トップのバランスの悪さからか、持ち前のキープ力を活かせずボールロストが目立ちます。

後半は、清水の動きが落ちた事もあってか、新潟がディフェンスラインの前のスペースでボールをおさめられる様になってきました。
再三のチャンスを決められないフィニッシュの精度は相変わらずでしたが、セットプレーの大井選手の気迫のこもったゴールは素晴らしかったです。
ただ、それだけに2失点目は本当にもったいなかったですね。

失点の原因となったのは小泉選手のプレーです。
コンバートされてのサイドバックの出場となり、攻守にアグレッシブに頑張っていましたが、失点シーンのスライディングはかなり軽いプレーでした。
奪ってボールキープを狙うのはちょっと欲張り過ぎな場面でしたね。
普通のサイドバックのプレーとしては、逆向きにスランディングしラインに逃げるところですが、ちょっとした場面で、本職との違いが出てしまいました。
ただ、他の場面では良いプレーが出来ていたので、更なる成長を期待したいですね。

あと、気になる点としては、交代が遅いことです。
清水が連戦での選手の疲労を考慮し、テンポ良く選手をかえて、結果、メンバーチェンジが功を奏した形となりました。
新潟のメンバーチェンジはロスタイムに入ってからです。
選手交代をしずらい展開とベンチメンバーの構成ではありましたが、もう少し早い時間帯で前線の選手をかえられなかったのかなと思ってしまいます。
鈴木武蔵選手は、後半スペースが出来た事もあり、少し調子を取り戻しましたものの、若干ブレーキになっている面もあったので、田中達也選手との早めのチェンジがあっても良かったのかなと。

ラファエルシルバ選手の離脱の影響は大きかったですね。。

今シーズン、少し良くなると1、2試合ですぐに悪くなったりを繰り返していますが、残り試合、楽しいゲームを観られることを期待します。
posted by BBSHIN at 21:13| Comment(0) | アウェイ戦

2014年10月21日

新潟0ー0甲府

甲府戦は、戦前の予想通りの展開のゲームとなりました
残留に向け、最低でも勝ち点1が欲しい甲府が引いてブロックを固め、新潟がボールを支配するというシーンが目立ちました
ゲーム開始直後は、新潟のバックラインがボールを持っても積極的に取りにこない甲府に対し、新潟がうしろでまわし、隙を見てロングボールを繰り返しました
ここで効果的なプレーが出来ていれば、甲府を引き出す事も可能だったと思いますが、2トップの位置取り、バランスの悪さなどもあり、うまくはいきませんでした
いつもの細かなパスワークで攻めても、引いて守る甲府に対し、スペースを、見つけることができず、前線にボールが収まりません
こういう時に相手を釣りだすにはミドルシュートが有効と言われてますが、良い状況からのミドルは見られませんでした
終盤、お互いの運動量の低下もあり、間延びしカウンターの応酬になってからは、若干得点の匂いがしましたが、結局は崩し切れずにスコアレスドローとなりました

「引いた相手を崩せない」という、ここ最近の新潟の弱点がそのまま出た試合になってしまいました
ただ、何度か甲府のカウンターを受けても失点せずに無失点で終える事が出来たのは良かったと思います
次からのアウェイ2連戦に期待ですね
posted by BBSHIN at 07:33| Comment(0) | ホーム戦

2014年09月27日

名古屋0−1新潟

嬉しいアウェイでの勝利!

指宿選手、Jリーグ初ゴール!!

素晴らしいですね〜〜〜


フォーメーションこそ、3バックから4バックに戻しましたが、前節、前々節と続けている前からの守備はこの試合でも威力を発揮していました。

監督インタビューでは

「新潟のサッカーを続けているだけ」

という話でしたが、今までの試合と、ここ3試合では守備の意識が全く違うと感じます。
高い位置からの激しい守備で内容的に圧倒するサッカーは去年のものかなと。
広島、浦和に対してのゲーム運びは、去年と似たような感じでしたし。(特に浦和戦)

前節負けた時は、シーズン半分以上続けてきたしっかり守ってカウンターをしないでポゼッションするサッカーから、去年の形に戻し退化した様な印象を受けたのですが、この試合では、その二つが融合した様に感じました。
前から守備をして、少ない手数でゴールを狙いつつ、ダメならボールキープといった様に、とても効率が良い戦い方が出来ていたと思います。
そこには、名古屋が少しチグハグ感があり、前の2試合に比べ、運動量でも圧倒出来たことが大きかったと思います。
あとは、相変わらず決定力には課題を残していると思います。
この試合、かなりたくさんのチャンスを作り、あと1、2点取れてもおかしくなかい程のチャンスを作っていながら、ゴールを割ったのは1回だけですしね。
といっても、楢崎選手のセーブやDFの好守も光っていたかと思います。

注目の川又選手に関しては、新潟のDFがほぼ完璧に抑え込んでいましたね。
相変わらず器用ではないので、狭いスペースでバタつき潰されるシーンが多かったかなと。
彼が活きるのは、カウンターなどで前に広いスペースがある時のポジショニングの良さからのワンタッチゴールなので、こういう試合で、自分で流れをたぐり寄せる選手ではありません。
そういう意味では、今年の新潟の狭いスペースを使い、細かい技術を必要とする戦い方に合わないのも納得かなと思います。
この試合では、新潟の守備がハマりましたが、今の新潟と名古屋、どちらに合うかといったら、やはり名古屋かなと。
永井選手も含め、大味なサッカーに向いている選手ですね。

しかし、この試合の2トップの指宿選手とラファエル選手は良かったですね。
まだ、2人のコンビネーションはそれ程見られませんでしたが、二人とも特徴があり、前線のターゲットとして十分機能します。
懐が深く、足元のボールを安定して収める指宿選手、抜群のスピードでスペースに流れて受ける事の出来るラファエル選手と、相手にとって嫌な2トップかなと。
指宿選手にスピードが無いので、相方はやはり速い選手でないと、ここ3試合展開している前からの激しい守備に綻びが出そうな気がします。
しかし、ラファエル選手のボールの持ち方は独特ですね。
寄せられて奪われそうになっている様に見えるのに、ギリギリのタイミングでパスを出して味方選手に余裕を与えています。
慣れてくれば、相手選手の脅威となる存在となる可能性は十分にありますね。

といっても、まだ連敗後にやっとの事で一勝をしただけです。
次の川崎戦に勝たなければ意味がありません。
ホームで勝っての連勝を期待します!
posted by BBSHIN at 22:45| Comment(0) | アウェイ戦

2014年09月23日

新潟0−2浦和

悔しい2連敗

長年慣れ親しんだ4バックから、広島浦和シフトともいえる3バックに変えてのぞんだ2試合で、どちらも結果が出ませんでした。

何も出来なかった広島戦よりは良かったとは思いますが、、
この試合は、新潟がスタートからフルスロットルで高いラインからのマンツーマンで守備をし、一人抜かれたり、裏を取られたらアウト、もしくは、点を取れずにスタミナ切れでもダメ、という博打の様なサッカーで首位浦和に挑む事となりました。
序盤こそ、五分五分、もしくは新潟有利の展開に持ち込んだものの、浦和からすれば、いきなり捨て身でかかってくる敵を適度にいなして、スキをつくだけというゲームです。
それをやらなければならない程、新潟と浦和にはレベル差があるのは明白で、むしろ今回の選択は正しかったと思う位です。
試合後、サポーターからもそれ程ブーイングは起きませんでした。
必死に走って頑張っていたから、というのもありますが、選手一人一人を見た時、「もっと頑張っていれば・・」という選手はほとんどいませんでした。
むしろ、いつも以上に良いプレーをしていたと感じる位です。
それでもこの結果ですから、実力差と受け止める以外に他は無い、と誰もが感じたのでしょう。

あえて、今更いうなら、今シーズンはチーム作りから失敗をしてしまったのかなと思います。
昨年の前からの激しい守備からのショートカウンターは、後半戦、どこが相手でも勝てるのではないかと感じさせる程の勢いを持っていました。
今年のボールを保持し、綺麗に繋いで、小さなスペースを崩し裏を取り、冷静に決める、そんなサッカーは、現時点ではかなり厳しいという事が薄々分かってきました。
この試合、少し可能性を感じさせたのは、前からガツガツ守備にいくことで、勢いで点を取りきれるのではという空気が漂っていたからです。
しかし、せっかく去年鋭く磨いた牙も、久々に使った事で、少し錆付いてしまったと感じます。

昨年のこのサッカーが通用しなかったのが、今回の2連敗の広島と浦和ですが、フォーメーションを変えてもうまくハマりませんでした。
ポイントはやはりWBの二人だと思います。
人に付く関係上、この二人のポジションがカバーしなければならないエリアが広過ぎると感じます。
そして、90分の間には付ききれずフリーにしてしまったり、ちぎられて剥がされてしまったり、というシーンは出てきて、それが致命的なピンチを招いてしまいます。
前節の、川口選手が振り切られての失点、や小泉選手が前節、今節と何度も裏を取られたり、取られかけて長距離を走らされたりと大きな危険をはらんでいます。

そんなリスクを抱えながらも、何とか先制点を取って押し切ってしまえば、という考えもあったかと思います。

途中投入のラファエルシルバ選手は、前節同様、持ち味を発揮する事はありませんでした。
新潟がバックラインからボールをまわし、相手がリトリートしている時に、裏を取る動きを何度もしていましたが、ロングボールは蹴らず、新潟の選手は2点ビハインドになっても愚直に細かく繋いで崩す事を繰り返します。
今年の序盤に体に染み付いた、成功率の高いパスを繰り返し、繋ぐうちに生まれるスキを付く、というプレーを選択してしまう様です。
指宿選手がいる時は、シンプルに的として使ったり、ラファエル選手が裏を狙う動きをするなら出す、といった事をしても良いのかなと思います。

今シーズンも残り少なくなりました。
シーズン当初に想い描いた理想とする形に辿りつく事はないと思うので、現実的に勝ち点を積み重ねる戦いに切り替えた方が無難な気がします。
これから涼しくなる事や新潟の選手に合ったサッカーという意味では、今日の前からいくサッカーを続けた方が良いのかなと思います。
そういう意味では、前節、前からの守備をハメる事も出来なかった広島戦と比べ、しっかりと前からプレッシャーをかける事が出来たこの試合は、今後に繋がるものがあったのかなと思います。

次こそは勝利が欲しいですね。
posted by BBSHIN at 17:49| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2014年09月21日

広島2ー0新潟

久しぶりの3バックでのぞみましたが、広島との完成度の差が如実に現れた試合でした
3バックはサイドのスペースが空くから狙う
というのは良く聞きますが、実際はケアしているからなかなかつけないもの
しかし、慣れていない新潟は両サイドの裏をガンガン取られてしまいます
失点シーンも正にその形ですが、それ以外にもミキッチ選手に何度も裏を狙われてしまいました
それに引っ張られる形で、川口選手小泉選手が押し下げられてしまうので、攻撃時のロングボールのセカンドも相手に拾われしまいます
まだまだボジショニングのバランスが悪いですね

山本選手もゴールを背に受けるシーンが多く、苦手なのかミスを連発、岡本選手はこのフォーメーションならセンター向きで、サイドでは突破がないので、怖さがありません

内容は悪かったですが、今後のオプションとしては良いかなと思いました。
次は強敵浦和ですが、この試合の経験を活かすことが出来るでしょうか?
posted by BBSHIN at 14:33| Comment(0) | アウェイ戦

2014年09月14日

新潟1ー0仙台

豪雨の中、貴重な勝ち点3を手に入れました
レオシルバ選手のフリーキックは完璧でした
その前のフリーキックでも鋭いシュートが枠をとらえていたので、入る予感が漂っていましたね

前半はイマイチな出来でしたが、後半豪雨が降り始めると新潟がペースをつかみました
ピッチに水がたまり、ボールが転がらずにとまる様なコンディションの中、仙台の選手が切り替えられずにミスを連発しているところ、新潟は浮き玉のパスを多用、松原選手のロングキックは効いていました
レオシルバ選手は、ボールを浮かせながらのドリブルを見せたりと、よく言う「ピッチコンディションの差が悪くなると技術の差が出る」というのを見せてくれました
さすがにここまで酷いピッチだと、テクニックは消えて蹴ったもん勝ちになりそうなものなんですけどね
普通にプレーをするレオシルバ選手の姿が、仙台の選手に錯覚させたのかも?
一本とんでもないミスパスはありましたが、かわされて決定的なピンチになりそうな場面でのイエローカードをもらうファールなど、状態判断、プレーの質、フリーキックでのゴールなど、最高のプレーを魅せてくれました

連敗を止め、勝ち点3を得ました、次も勝ってそろそろ連勝をみたいですね
posted by BBSHIN at 23:56| Comment(0) | ホーム戦

2014年08月30日

G大阪5−0新潟

惨敗・・・

内容、結果ともに本当にひどい試合でした

ここ数試合を見る中、この試合のメンバー表を見た瞬間、正直ガックリきました。

一番はFWです。
ここ数試合、期待を集める動きをしてきた新加入の指宿選手ですが、動きが俊敏ではないのは今までのプレーで大体分かっていました。
そこに相方が岡本選手です。
新潟にいる4人のFWの中で、アジリティが低い2人をチョイスした時点で、前からの守備が緩くなるのは、ゲームに入る前から予想出来てしまいました。。
指宿選手はまだコンディションが上がっていないのか、後半はかなりバテていました。
調子が上がってきているならまだしも、現段階でこの2トップとは厳しいかなと。
一体何故この組み合わせにしたのか・・・

この試合、レオシルバ選手、大井選手と、核となる2人を欠きましたが、この二人の存在の大きさがアリアリと出てしまいました。
新潟は守備は良いとは言われていても、去年までの激しい守備で追い込む様な事はしていないので、結構決定的なピンチは作られているんですよね。
そんな中、GKを含めた各選手の最後のふんばりで、しのいでいた部分が大きかったと思いますが、個の部分で負ける様になると厳しいですよね。
特に、DFラインは難しかったと思いますが、大井選手の穴を埋めるには、個人的には実績の無いソンジュフン選手より、大野選手が良かったのかなと。
大野選手は、SBではあまり良いプレーを出来ていませんが、CBで出場した試合は安定感を見せてくれていたので、この試合はそこに期待しても良かったのかなと。
そうすると、左SBをどうするかという部分はありますが、、
キムジンス選手の抜けた穴に、計算出来る左SBの選手を補強出来なかったのはかなり痛いですね。
イミョンジェ選手はダメなのかな??
後半山本選手が入りましたが、攻撃的意識の部分では、期待出来るのかなと感じました。
前線の選手は飽和状態なので、もし左SBでいけるのであればコンバートも仕方ないのかなと。

あとは、ここ数試合、低調なプレーを続けている岡本選手を先発に起用し続けている事にも疑問を感じます。
前半のみで交代は2回目となりましたが、前回の時点で次の試合はサブにまわるのだろうと思っていたので、この試合のスタメンには驚きました。
個人的に期待するのは、鈴木武蔵選手です。
足元の技術は4人のFWの中で一番低く、ボールロストも多いのですが、それを補って余りあるスピードと高さ、強さがあるので、使い続けて成長して欲しいという期待はあります。
ポジショニングやボールの扱い、ドリブルのキレなど、去年より明らかにレベルアップしているので、まだまだ荒削りではありますが、大きな伸びしろを持った選手かなと思います。
この試合では出場機会がありましたが、田中達也選手もベンチを温め続けるているのはもったいない程のレベルの選手かなと。

この位ボコボコにやられた中で、どこが良かったというのも何ですが、後半は比較的マシだったんじゃないかなと思います。
ガンバは3点リードを持って余裕を持ってやってますから、新潟は失点のリスクを犯しつつ前がかりにやらなくてはいけません。
こじ開けられずに、カウンターを喰らうというのは良くある話です。
まずかったのはやはり前半です。
メンバー構成も含め、天皇杯やナビスコなどで、いつもと違うメンバー構成で全くゲームを作れなかった時と同じ轍を踏んでしまった形かなと。
もう、こういうゲームはして欲しくないですね。

主力2人が戻る次のゲームでいかに立て直してくるか。
ここ数試合、かなり厳しい状況ではありますが、今後のゲームに期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 20:14| Comment(0) | アウェイ戦

2014年08月26日

新潟1−2徳島

かなり悔しい敗戦です。

毎度の事ですが、新潟は降格圏内のチームに貴重な勝ち点をプレゼントしてしまう傾向にあります。

ただ、今回の徳島は結構強かったという印象です。
新加入の選手の能力が高かった事もありますが、新潟の弱い部分をしっかりとついてきたと感じます。

一番感じたのはボールの奪い方です。
左SBに入った大野選手は、速いプレッシャーをかけると、横パス、もしくは、バックパスをする事が多いですが、この試合ではマークのついた前線の選手へのチャレンジパスが多く、パスが入った瞬間に潰されるシーンが多かった様に見えます。
受ける側、出す側、両方に問題があると思いますが、キムジンス選手がいた時には無かったウィークポイントなので、ここ数試合、対戦相手も明らかに狙っているものと思われます。
同じく右SBの松原選手にボールが入った時も、相手チームのフタをするスピードがかなり速いと感じます。
新潟がポゼッションにこだわり、最終ラインで緩やかに回しながら、SBからスイッチを入れる事が多く、そこをケアされているでしょう。
そうなると、レオシルバ選手の機転の効いたパスなどの個人技に頼る事になります。
引いた相手を崩せないという悩みの他、前からの守備をされた時に、それをかいくぐってビッグチャンスを数多く作れない事も現状の弱点かなと思います。

前線にキープ力のある選手が揃っていない事も、相手チームにアグレッシブな守備をされる要因かと思います。
守備側からすると相手のパス回しの際、寄せ過ぎたらかわされてピンチを招くのではと思わせる位でないと、DFはガツっと寄せてきます。
ですので、新潟はボールをキープする為に、危険性の少ないパスを選択する事が多くボール保持時間は長くなりますが、たまのチャレンジパスや繰り返すボールキープの為のパスがミスとなってカウンターを受けている状況だと思います。
ポゼッションを基本とするには、各選手のスキルアップも必要となってきますが、新戦力のフィットにも期待したいところではあります。

今のところ結果は出ないでいますが、やらんとしている事は何となく分かり、それが出来れば強くなるんだとうなという感じはあります。
今年のうちに、強くなった新潟が見れれば良いのですが、、
posted by BBSHIN at 02:23| Comment(0) | ホーム戦