2015年03月19日

FC東京2−1新潟

絶対欲しかった勝利、勝ち点3、そして、今季公式戦の初慮利

しかし、結果は残念な逆転負けによる敗戦

振り返ると、すばらしい形での先制点。

前半ゲーム運びも良かったです。

今シーズン出番が無かった川口選手、成岡選手の動きも目を見張るものがありました。
新潟の選手として初めて登場した前野選手も、序盤はバタつき、焦った前線へのパスや、守備で振り切られるなどのマイナス面が目立ちましたが、徐々に落ち着き攻守で良いプレーを出す様になり、戦える選手である事を証明してくれました。
基本はコルテース選手になると思いますが、バックアップメンバーとして、またはスタメン争いをする選手として、十分に機能してくれるものと思われます。

大野選手の守備も良かったですね。
マイケル選手の穴は全く心配ないかなと。

失点についてですが、まずは1点目。
これは石川選手を褒めるしかないですね。
素晴らしいドリブル突破、シュートでした。
あそこは、誰が抜かれた、誰がフォロー出来なかった、というレベルではありません。
単に石川選手が凄かった。
それだけだと思います。

そして2失点目。
とても不運なPKでした。
あれがPKになるのはとても厳しい判定です。
ファウルになってもおかしくはないプレーです。
といっても、ならないケースもあるし、なんともいえません。
ジャッジが全てです。

この試合、新潟は6人、東京は7人のメンバーを変えてきましたが、双方に「メンバーを落とした」という印象が無い程に層が厚かったと思います。

FC東京は素晴らしいプレーをしていたし、新潟もそれに負けない良いプレーをしていました。
新潟も簡単なミスをいくつもしてはいましたが、逆に東京の悪い部分を見逃さず、しっかりとついているシーンも多々ありました。
全体で見ても攻守にアグレッシブなプレーをしていたと思います。
追加点を取るチャンスも何度かありました。
あそこで決めきる力が欲しいですね。

一つ残念だったのがメンバーチェンジの采配です。
結果論に聞こえるかもしれませんが、FC東京がこの試合明らかに目立っていなかった三田選手にかえて、中盤でひっかきまわす事の出来る羽生選手を投入。
交代のタイミングは両チームがハードワークを繰り返し、オープン気味になりかけてた時間帯です。
手を打たない新潟に「ヤバい」と感じました。
ラファエル選手の投入がワンテンポ早ければと、思ってなりません。
といっても、あの時点で新潟は良いゲームが出来ていたので、「変えない」という選択も正しかったのかなと思います。


この試合の結果により
リーグ戦が1分1敗。
ナビスコ初戦に敗退。

この結果だけ見れば現状に悲観し、批判する方も多いかと思います。
ただ、この試合を見る限り、今後への不安を感じる必要はないかなと。
6人変えてこれだけ戦えているる訳ですしね。

そして、サッカーは良いプレーをした方が勝つとは限りません。
サッカーをやっていたり、長年サッカーを観てきた人で、このゲームの選手のプレー、戦い方に批判する人は恐らく少ないものと思います。
この試合、新潟の選手のプレーは決して悪いものではなく、むしろ、とても良かったと言っても良いと思います。

今後、こういったプレーを続ける事が出来、更に上積みを重ねていく事が出来れば、おのずと結果はでてくるものと思われます。
今はまだ序盤で、終盤では無いのですから。

といっても、勝って欲しかった。
そこだけはやはり残念です。。

次に期待です!
posted by BBSHIN at 00:15| Comment(0) | ナビスコカップ

2015年03月14日

新潟0−0清水

待ちに待ったホーム開幕戦

結果は残念ながら勝ち点1の引き分け

やっぱり勝って欲しかったですね〜


まあ、内容としては全くらしさが見られなかった鳥栖戦と比べ、新潟らしいパスワークや裏を狙う動きが見られ面白い試合を観る事が出来ました。

清水も良いプレーをしていた印象があるので、お互いにとって良いゲームは出来たけど勝ちきれなかったという展開だったのではないでしょうか。

ただ、お互いに決定機は少なく、ゴールまでせまったのは新潟は3,4回、清水は2回位だったでしょうか。
相変わらず決定機を決められないのは去年からの課題ではありますが、この試合のチャンスは小林選手のボレーやラファエル選手のヘッドなど、形は完璧ながらキーパーの相手キーパーのポジショニングの良さなどによって阻まれたものでした。
こういった展開の試合を繰り返し、ゴールに向かうプレーを増やしていければ自然とゴールも増えてくるものと思われます。


欲をいえば、山本選手、平松選手のところで、もっとタメを作ったり変化を与える事が出来れば、更に面白い展開が出てくるのかなと。
中盤からのチャレンジするパスの出どこがほとんどレオシルバ選手でした。
今日は狙われていたのか、カットされるシーンも目立ってましたね。

コルテース選手は前節はほとんど良いところが無かったですが、この試合では持ち味の片鱗を見る事が出来たかなと思います。
対面する清水の選手が上手く速い相手だったので、やられるシーンもいくつかありましたが、持ち味はしっかり出してくれたし、今後もっと良くなっていきそうです。

フォワードのラファエル選手は前線の動きも良かったですが、この試合もキレてましたね。
独特のボールタッチからのフェイントやスピードある突破、玉際での体の使い方の上手さなど、今まで新潟にいなかったタイプの万能タイプのストライカーですね。
チームの調子が上がってくれば、得点を量産しそうな予感たっぷりです。


まだ今シーズン勝利がないので、とりあえずは一勝。
新潟の躍進はそこから始まってくると思います。
posted by BBSHIN at 23:42| Comment(0) | ホーム戦

2015年03月07日

鳥栖2−1新潟

待ちに待った開幕戦。

遠い鳥栖には行けずスカパー観戦となりましたが、試合開始前から気持ちの昂ぶりがおさまりませんでした。

ラファエルシルバ選手の先制点シーンではかなり熱くなりました。

素晴らしいスルーパスに抜け出し、ワンタッチ目の位置も最高。シュートも落ち着いていました。
他にも2、3ボールを受けてからの切り替えし、動きの良さで良いミドルシュートを放っていたので、昨シーズンからの得点不足を解消出来そうな予感です。

ゲームの流れとしては、前半の途中までは新潟が圧倒していたのですが、若干不運な形でのPKで失点してから新潟がバタつき、鳥栖が勢いにのり、新潟が押し込まれる展開も増えてきました。

鳥栖のロングスローはかなりやっかいですね。
リードされている時は、スローインでも時間を使われてしまう上に、キックしたボールと軌道が違うので、かぶる選手も多く、かなり危険です。

期待のコルテース選手は展開的にあまり上がれず、見せ場を作る事は出来ませんでした。
今後彼が躍動してくる事でチームも流れにのってくる事でしょう。

舞行龍ジェームズ選手の負傷交代は痛かったですね。
交代で入った大野選手が悪かった訳ではないですが、あれで流れが変わってしまった感はいなめません。
大きな怪我ではなく早く復帰して欲しいですね。
大野選手はPKを与えてしまったりといった部分はありますが、DFの選手ですしスタートから入ればもう少し流れにものりやすいと思うので、次の試合に期待です。

新人の平松選手、コンバートされ抜擢された小泉選手は悪くはなかったですが、松原選手、成岡選手をおしのけてスタメンを取る程の出来ではなかったかなと。
右サイド、左サイドともに主導権を握れなかった事が、劣勢の時間が長くなる要因の一つでもあったかなと思います。

あとは、パスの出し手と受け手の意図が噛み合わず、もらう方が裏に抜けようとするところに緩いショートパスを出しカットされるシーンが多かった事も気になりました。
まだまだ成熟には到っていない様で、今後のチーム力のアップに期待したいです。
今年は去年からメンバーが大きく入れ替わってないので、去年のベースに上積みが期待されましたが、例年通り一旦リセットされてしまったかなと。
となれば例年通り徐々に噛み合っていくことも想像出来ます。
上手い選手や、特徴のある選手が多く、層も厚いので、新加入選手も含め連携が高まっていけば強くなっていく要素は多分にあると思われます。

次に試合こそは勝利を期待したいです。
何よりホーム開幕戦ですしね。
posted by BBSHIN at 16:24| Comment(0) | アウェイ戦

2015年02月11日

2015年プレシーズンマッチ 新潟0−1岡山

今シーズンが始まる前に、多くの人達の期待が集まるプレシーズンマッチ。

今シーズンは例年の主力流出はなく、アウトした選手は田中亜土夢選手と岡本選手のみ。
新潟の顔ともいえる亜土夢選手の攻守に渡る運動量での献身がなくなるのは残念ですが、新しい選手も入ってきたりと十分に補える体制だけに、昨年のベースに上積みを重ねる事が出来る今年のアルビレックス新潟に期待をしている人は多いのではないでしょうか?

対戦相手はJ2のファジアーノ岡山でした。

結果は残念ながら0−1の敗戦となってしまいました。。

試合の展開としては、選手個々の力など地力で勝る新潟がボールを持ち、岡山がガッチリ引いてカウンターを仕掛ける展開が続きました。
ただ、岡山は単にゴール前を固めるのではなく、新潟のCB2人はフリーにするものの、中盤に入るボールやSBにはしっかりと早いチェックをしてきました。
組織的な守備をする岡山相手に新潟はなかなか崩せません。
これは昨年の技術や連携が上がりボールを持てる様になったものの、引いた相手をなかなか崩せない新潟の特徴的なパターンです。
3年以上前の新潟であればありえない話ですが、ここ1、2年の新潟の課題となっている部分が今年も乗り越えなければならない壁の一つなのだなと感じました。

決定力の部分と最後のコンビネーションの部分も問題です。
この試合、ゴールになってもおかしくないシュートは3本位だったでしょうか。
(鈴木武蔵選手の足裏シュート、松原選手のミドルシュート、加藤選手のヘディングシュート)
どれも入ってもおかしくない素晴らしいシュートでしたが、ここは相手GKを褒めるべきでしょうか。
ただ、これ程ボールを持てていたなら、もっと多くの決定的チャンスを作って欲しかったですね。

失点の部分は、アバウトなロングボールからのこぼれ球からなので、特に気にする必要はないでしょう。
ああいう失点は試合を重ねればいくつか起きるものです。
キャンプのトレーニングで疲労がたまる中、守備はなかなか良かったので、今年も安心して観ていられそうです。
むしろ、こういう失点があっても2点、3点を取って勝ち切る力に期待したいですね。

ポジション的には田中亜土夢選手にかわって左サイドハーフに入った鈴木武蔵選手は昨年に比べ成長が見られました。
ゴールを背にしてボールを受けた際に、懐の深さを使ったプレーも見られる様になりました。
前への推進力は相変わらずですしね。

FWに入った山崎選手は持ち味を活かしきれていなかったかなと。
要所要所のプレーを見る限り、器用な選手なのだと思いますが、相手に引かれてスペースが無い中、個の力での打開というのは見られませんでした。
昨年まで新潟が出来ていた、ブロックの外のまわしからのFWへの出し入れ、人の入れ替わりなどの流動的なプレーがまだスムーズにいってない印象です。
ラファエル選手はその辺りは結構出来ていたかなと。
時間を重ね、フィットしてくれる事を期待します。

注目はやはり左SBに入ったコルテース選手です。
前線の選手に預け、駆け上がってのワンツーなどのリスクを恐れない上がりは相手にとって脅威であり、また、それで生まれる後ろの広大なスペースをいかに他の選手がカバーするかなど、課題は多いですが、プレーの一つ一つには期待を感じずにはいられませんでした。
鈴木武蔵選手とのコンビネーションで2人で縦に持ち上がれるのは大きいですね。
ここに、もう一人が絡んでこれれば、良い展開も増えるのかなと。
あとは、上がった後のスペースのケアをしっかりし、この調子でどんどん上がってくれた方が面白い展開も増えると思います。
終盤に見せたロングスローも戦術の幅を広げてくれそうです。
ただ、カウンターを受けている時に、全力で戻らない点や、後から上がってくるフリーな選手を消す動きをサボる点に若干の不安を覚えました。。
大きな武器にもなり、そして穴にもなりそうな、ゲームの展開を大きく左右する様な選手かなと思います。


昨年のベースは間違いなくあると思うので、開幕までの残り期間、チーム力を高めスタートダッシュを期待したいです。
posted by BBSHIN at 16:28| Comment(0) | 日記

2015年01月01日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます!
今年も一年よろしくお願い致します。

昨年のアルビレックス新潟は浮いたり沈んだりとパっとしないシーズンではありましたが、今年こそは躍進の年になる事を期待したいと思います。

選手の契約更改情報もチラホラと発表され、ディフェンス陣はほぼ固まったのかなと思います。
引き続き、主力選手の残留を期待したいと思います。

昨年は、序盤に戦い方を変えた事で、スタートからつまづきましたが、終盤だんだん形になってきていたので、メンバーさえ整って去年のベースを活かした戦い方をすれば、きっと上位に食い込んでいけるのではないかと思います。

それでは、皆様にとって2015年が良い年である事と、アルビレックス新潟が今年こそはタイトルを取れる事を祈りたいと思います!
posted by BBSHIN at 00:27| Comment(0) | 日記

2014年12月09日

新潟0−2柏

中越地震以来の代替地での試合となり、平日の夜に遠い鹿島でのホーム戦という事もあり試合を観にいけない人が多かった様です。
私もホーム最終戦を楽しみにしていましたが、残念ながら仕事が休めずスカパー観戦となりました。
放送予定が当日まで決まってなかったので、半分諦めていましたが、テレビで見れただけ大分マシでしたね。

テレビを通じ、勝利を願いながら観戦していましたが、残念ながら結果は0−2の敗戦となりました。
とても残念です。

内容は決して悪くなく、決定機は柏と同じ位作っていましたが、決めきる事が出来ず無得点に終わり、今シーズンを象徴する様なゲームとなりました。

「ゴールを奪いきる」
という大きな課題は残りましたが、監督の続投も決まり、このスタイルが成熟してくれれば、来年はもっと強いアルビを観る事が出来るのではないかなと思います。

あとは、毎年恒例となった主力の流出さえ防いでくれれば、、、
そろそろ、毎年ゼロからのスタートし直しという事から抜け出し、ここ数年の積み重ねがみられる事を期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 23:15| Comment(0) | ホーム戦

2014年12月07日

徳島ヴォルティス0−0ガンバ大阪

今日はアルビの試合がなかったので、ガンバ大阪対徳島のゲームを裏番組の浦和対名古屋とチャンネルを切り替えつつ見ていました。

徳島の守備の集中力が高くガンバはそれをなかなか崩せません。
最初、浦和が1点リードしていたので、0−0のガンバは焦ったのか、早い段階からパトリック選手をターゲットにしたロングボールや、宇佐美選手の無理な体勢からのシュートなど、ガッチリと守る徳島のゴールを強引にでも割ろうとしていました。
しかし、徳島の守備は堅くなかなかゴールを割る事は出来ません。

ところが、浦和対名古屋のゲームが名古屋が逆転した為状況がひっくり返り、一転して、このまま終わればガンバが優勝という事になりました。
残り時間も少なくなり、浦和が2点を取る事は確立的に少なく、1点奪って引き分けに持っていったとしてもガンバが引き分ければガンバ大阪が優勝という状況となりました。
すると、ガンバは急に勝ちゲームの時間稼ぎの様にバックラインで回し始めます。
こうなると、徳島としては不思議な気分ですよね。
今までは、ガンガン放り込んできた相手に対し、集中して耐えていたというのに、その相手が急にスっと力を抜く訳ですから。
徳島としては、降格が決まり、首位のガンバ相手に最低でも勝ち点1を取れればという気持ちでやっていたでしょうから。
そこから、緩くなったガンバに対し、徳島は相手の空気を察した前からボールを奪いにいきました。
しかし、試合はそのまま0−0で終了。
そしてガンバ大阪が優勝という感じです。

こういう展開のかけ引きはなかなか観る事が出来ないので、面白かったですね。
同時開催の醍醐味というか。
posted by BBSHIN at 02:42| Comment(0) | 他チーム

2014年12月06日

ホーム柏レイソル戦が雪により延期 2日後の月曜日に鹿島で代替試合開催予定?

本日開催予定の柏レイソル戦が雪により中止となり、代替試合が来週月曜日に県立カシマサッカースタジアムで開催予定とのことです。

いきなりの雪で開催できなかったのは仕方ないとしても、新潟と関係無い地で行うというのはひどい決定かなと思います。
ホームゲームが1試合減る訳ですから明らかに不利ですよね。
しかも平日月曜日で、夜に発表され、開催日が二日後というのは無理があります。
一体何人のサポーターが行ける事でしょうか?
私はこの試合行くつもりでしたが、さすがに月曜日はいけません。
来週末、再来週、23日祝日、または水曜日ホーム開催であれば可能でしたが。

最終節を全て終わらせ、シーズンを締めくくらなければいけないという事や、優勝や降格と関係無い消化試合だからこその対応だと思いますが、これが優勝がかかったチームだった場合もこの対応をしたのでしょうかね?
天候は人の力ではどうしようもないですが、それに対する準備(スケジュール等)やその後の対応というのは重要な気がします。

今日の新潟は急な大雪だったので色々と混乱が生じた部分はありますが、この位の雪が降る事は決して稀ではなく、過去にも良くあった事です。
この位の事で、チームやサポーターがこういった不利をこうむると言うのは納得がいくものではありません。
今後はこういう事が無い様になって欲しいものです。
posted by BBSHIN at 23:48| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2014年11月29日

横浜FM1−0新潟

内容は良いのにゴールが遠い。
今シーズンを象徴する様なゲームでした。

といっても、今までの同じ様な展開の試合と違い、この試合の勝敗はかなり紙一重のところだったと思います。

マリノスのゴールは、詰めて決めた選手がさすがではありましたが、クロスもアバウトなものであり、新潟からすれば不運な失点です。
新潟の攻撃は相変わらず決定力やラストパスの精度を欠いていましたが、そこまでの展開や守備の集中はかなり良かったと思います。

これがシーズン序盤であれば、「この内容なら今後に期待が持てる」と言いたいところですが、残り試合もあと1試合です。
今年は順位が中位周辺で上がったり下がったり、内容も良かったり悪かったりと、煮え切らないシーズンでした。
最終戦に勝利し、気持ち良く来季に繋げて欲しいですね。
posted by BBSHIN at 20:10| Comment(0) | アウェイ戦

2014年11月22日

FC東京1−3新潟

3−1の快勝!

先制ゴールを奪われた時はどうなるかと思いましたが、新潟がボールを支配し、結果3得点も奪い、失点に関してもファールになるかならないか5分5分のギリギリのプレーだったりと、内容的にもほぼ完勝といっても良いでしょう手(パー)

FC東京は先制点を奪うあたりの攻撃の迫力はありましたが、守備のバランスが悪く、フォーメーション変更で更にバタバタしていました。
バイタルエリア周辺でのプレッシャーが甘いシーンが目立ちました。

対する新潟も両SBを変えて臨んだゲームだった事もあり、サイドでの守備では怪しい部分が多く見られました。
攻撃に関しても前半は最後のクロスの精度がかなり悪く、ここでふんわりとアバウトでも指宿に合わせられればもっとチャンスも広がったかなと思います。

途中交代の田中亜土夢選手は2アシストの大活躍で、自身も積極的にシュートを放つなど、ここ数試合でもベストなプレーをしていたという印象です。

しかし、圧巻はレオシルバ選手のフリーキックです。
今シーズン、それ程回数を蹴っていないと思いますが、少ないチャンスをほぼ決めています。
凄まじい決定力ですね・・たらーっ(汗)
ボール奪取以外にも、体の後ろを通すフェイントやキックにDFがものの見事に釣られています。
この選手の働きあってこその、この結果かなと思います。

マイケル選手の穴を埋めた大野選手の働きも素晴らしいものがありました。
スピード負けする事がほとんどありませんし、当たりも強いし、将来有望なCBです。
SBをさせておくのがもったいない位ですね。

残り2試合、この調子で連勝し、良い形でシーズンを締めくくってもらいたいものですね。
posted by BBSHIN at 20:29| Comment(0) | アウェイ戦