2012年05月12日

浦和1−1新潟 満足のいく引き分け

前節のひどい内容の試合から、だいぶ立て直してきました。

試合開始直後からの高い位置からのアグレッシブな守備は、「守備からの攻撃」という意識を感じる事が出来ました。
ただ、その勢いをうまく消される形で、レッズに押し込まれ失点してしまいました。

「このままズルズルいってしまうのか?」

という予感が頭をよぎりましたが、うまく立て直し、ジンスのロングスローからのロペスの同点弾!


監督のメンバーチェンジもなかなか良かったかと思います。

まずは
菊地 → 三門

菊地は守備的な位置にいながらゴール前に詰めるなど良い結構良い働きをしていました。
ただし、一枚イエローをもらっていたので、不安の目を摘んでおくのは見てて安心できます。
今まで新潟のメンバーチェンジでは、選手の能力重視で「イエローもらったから早めにかえておく」というのはあまり見られなかったので、こういうのはなかなか良いかと思います。
一枚もらいその後に注意を受けていたロペスにもヒヤヒヤさせられましたが、この前の退場で「2度としない」的な事を言ってたのをどこかで見たので、大丈夫だと信じていました。


一つ気になったのは、
藤田 → 小谷野

右サイドで、守備は若干不安定な部分も感じましたが、攻撃面では藤田はかなり効いてました。
止まった状態からグイグイ運び、抜ききる前のするどいクロスは他の選手に無い武器ですね。
アトムの方は同点ゴールのアシストや運動量豊富な守備で役立っていましたが、攻撃面ではボールロスとやパスミスが目立っていたので、勝ちにいくなら藤田を残し、勝ち点1を取りにいくならアトムという選択だったのかもですね。

アウェイで鬼門の埼スタだったので、勝ち点1は十分な結果といえます。
監督の判断は正しかったかな?
勝てれば一番良いけど、まずは勝ち点を1以上取る事が最低条件のゲームでしたからね。


次のホームでは、この勢いでホーム初勝利を飾ってほしいものです。
ホームだと様子見から入り、堅いゲームをしがちな新潟なので、このゲームの感覚を忘れない様にして欲しいですね。
posted by BBSHIN at 18:08| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。