2010年12月08日

マルシオ・リシャルデスが浦和に移籍

ついにマルシオの浦和移籍の発表がありました。

かなりショックです。。

マルシオのいない試合は勝ってないので、来季が不安になります。

しかし、決まってしまったことは事実。
仕方ないですね。。
事前に情報が出回ってたおかげ(?)で心の準備は出来てました。
むしろ早めの発表でよかったかなとあせあせ(飛び散る汗)



では前向きに考えるとしましょうか。

マルシオももう29歳。
仮にずっと新潟にいてくれたとしても、あの俊敏な動きを33、4歳まで維持するのはなかなか大変です。
するとここ2,3年の間にはどちらにせよ脱マルシオをする必要はあった訳です。
それが早まり、新たなスタートが切れる、、、
という考え方もあせあせ(飛び散る汗)


マルシオがいないと勝てないといっても、マルシオも含めたチーム作りをしてきた訳で、怪我や累積で主力が欠ければ戦力が落ちるのは当然です。
エジミウソン、ペドロジュニオール、矢野貴章がいなくなった時も、攻撃力が落ちしばらく勝てなくなりました。
しかし、気付けばいた時よりは少し落ちるものの、チームとして機能する様になったのを何度も見てきました。
主力がいなくなれば新しい誰かが出てくるはずです。


今季新潟にいた選手で同じ様な役割を果たしてくれそうな選手でいえば、ミシェウ、ジョン・パウロ、木暮、加藤あたりでしょうか。
ジョン・パウロは今年の活躍的にエヴェルトンサントスの様にいなくなってしまうのではという気もしますが、今年のパフォーマンスは能力的なものというよりまだフィットしてなかったと思います。
技術的にはかなりあると思うので、まだ見てみたい選手ではあります。


来年も今年の様な楽しい試合が観れることを期待します。
開幕の勝てない時期、貴章の移籍などで苦しい時期もあり順位は伸びませんでしたが、今年の新潟のサッカーは面白かったです手(チョキ)
posted by BBSHIN at 20:51| Comment(0) | 移籍関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。