2010年06月15日

日本代表 初戦カメルーンに勝利!

1−0での勝利!

そして貴章も出場しました。
正直今までの試合を見ててメンバーの中での序列的に出番は厳しいかと思ってましたが、リードしての守備要因として出番がまわってきました。

貴章のプレーとしては、アフリカンのリズムが苦手なのか大きく逆を取られかわされるシーンが多かったですが、スピードと運動量で抜かれた相手をもう一回追い詰めて大きなミスにしないカバーをしていました。
貴章のホントの良さはもっとアグレッシブな攻撃、守備なのですが、最後の守備的な状況で良さを出せていたでしょうか。


日本代表はここ数試合を見る限り、細かくつなぐサッカーにこだわって空回りしていましたが、この試合は結果重視の身の丈に合ったサッカーをしていた様に思えます。


しかし日本の会場に宮本が来ているというのに、解説者は試合中

「日本の弱点はセンターバックの高さの無さで、跳ね返せるのは中澤だけでした。前回大会との違いは闘莉王がいるかいないかですね」

とかストレートな意見を言ってて少しウケました(^_^;)


しかし右サイドからのエトオのドリブルは凄かった。。
格の違いを感じましたが、凄さが出たのはあのプレーだけでしたね。
posted by BBSHIN at 01:11| Comment(0) | ワールドカップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。