2018年04月15日

栃木2−1新潟

手痛い3連敗

過去の試合を観ていても栃木とは実力差がありそうだったので、この試合は落としてはいけないと思っていましたが、、

栃木がストロングポイントをしっかりと活かし、新潟の出来が悪く、それがそのまま結果にあらわれました。

ここ2試合の3バックから4バックに戻したのは良かったと思います。
セットプレーで2失点したものの、流れの中での守備はだいぶ改善したかなと。
ただ、攻撃面は少しずつマシになってきたいたものが、またリセットされた様でした。

加藤選手を一つ下げたのも良かったかと。
加藤選手自身のボールを受けてからの手詰まり感は無くなったかと。

ただ、かわりにサイドハーフに入った高木選手、小川選手ともに、ドリブルで打開するタイプではありません。
バランス良く上手いタイプの選手を入れるのであれば、後ろの選手も含め、分厚い攻めがよさそうですが、新潟はリスクを取らず、攻撃は少人数で完結する事が多く、ボールを持って押し込んでいる様でも、後ろの選手が追い越して攻撃参加などはかなり少ないと思います。
リスクを回避する様なスタイル、そして、それに合わない選手の配置が攻撃の単調さに繋がっているかなと。

そういう意味でも、攻撃を活性化させてくれる様な、外国籍選手の活躍は必須かと思います。
今いる選手が加わってこれないのであれば、入れ替えも視野に入れる必要があるかと。

もちろん、ターレス選手にも、もっと活躍してもらわないといけません。
もう少し絞る必要があるのは勿論ですが、あとは、下がって受ける事が多く、大事な局面でゴール前にいない事が多いです。
仮に下がって受けにきたのであれば、ハーフスピードでゴール前に戻るのではなく、もっとスピードを持ってゴール前に走り込むべきです。
ターレス選手クラスの存在感を持った選手が勢いを持って飛び込んでくれば、相手DFもマークが混乱し、他の選手が瞬間的にフリーになる事もあるでしょう。
途中出場で出ているのですから、そこでスタミナを惜しんでいる場合ではありません。
何試合もそうした事が続いているのに、何故、ここを改善させないかが疑問です。


また、右SBの原選手はいくつかサイドを上がってのクロスがあり、以前よりは良くなりましたが、相変わらず早めにディフェンスに寄せられて前にフタをされるとプレーの精度が落ちます。
これは、昨年からあまり改善していない部分かなと。
長いシーズンを戦う上では、3バックの試合で大きなミスが大きかった堀米選手に昨年に近い働きを取り戻してもらう事が不可欠かと思います。


昨年の終盤はかなりアグレッシブな攻撃がみれましたが、今年はかなり退化している様に見えます。
「監督が変わったばかりだからしょうがない」
そんな気持ちでしばらく観てはいましたが、ここまで試合を重ねて、形が見えないところを考えると、このままこの体制を継続する事に不安を覚えてしまいます。

1年での昇格を逃した先に待っているのは、確実な衰退です。
まだまだ序盤と甘く見ていると取り返しのつかない事態が待っているかと。
posted by BBSHIN at 22:00| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。