2016年08月13日

甲府1−0新潟 残留争いに引き込まれる悔しい敗戦

先制点を奪ってきっちり守りきる、という甲府の狙い通りのゲームとなってしまいました。

しっかり引いてブロックを作って守る相手は、今年の新潟の戦い方では難しい相手となります。

新潟が手数をかけて攻めて、ゴールにもせまれず危ないところで奪われ、甲府が少ない手数で決定機を作るという、戦前から予想された形がいくつもありました。

今年の新潟を象徴する様な展開ですね。

スタメンを見ても、「対甲府でこの組み合わせ?」と感じるものでした。
今年のサッカーに合ってない感のある指宿選手ですが、この試合に限っては彼の高さが必要だったのかなと。
中央に高さのある選手、両ワイドに突破力のある選手を置いてシンプルに上げるというのが、こうした固い密集を作る相手には何かが起こせるかなと。
あとは伊藤選手スタメンという訳にはいかないものですかね。。

他にも、ここ数試合、感情のコントロールが出来ず、不利な状況を作る事が多過ぎると思います。
審判に抗議しカードをもらったり、相手のラフプレーに報復しカードをもらったり、この試合であれば、1点リードされ少しでも攻撃の時間を作りたい中、終盤のもみ合いは全くもって不要です。
熱く戦っているので感情が表に出るのは仕方のない事ですが、不必要に感情を出しすぎるのは自分達を苦しめるだけです。
チームのメリットを優先し、自制してもらいたいものです。


しかし、今年の新潟、大丈夫なのか不安になってしまいますね。
もう一皮、二皮剥ければ大化けしそうなサッカーをしていますが、そうこうしてるうちに結果が出ずに終盤に入りつつありますし。。

次は勝ってもらわないと・・
posted by BBSHIN at 21:02| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。