2016年05月14日

浦和0−0新潟

首位浦和相手にアウェイで貴重な勝ち点1をゲットしました。

前節のガンバ戦の様にアグレッシブに前から行くかと思いきや、スタートからかなり引いて守る形にシフトしてきた事にかなり驚きました。
メンバー表のフォーメーションを見る限り4−4−2なのかと思ってましたが、いざ始まってみると5バックの5−4−1となっていました。
5バックと中盤の4人がフラットになった2ラインの前に1トップ山崎選手といった形でした。

そうしたフォーメーションもあり、バイタルエリアで持つ浦和の選手にチェックがかからず、ボールを保持され続け、フリーで危険なパスを出されるシーンが多かったです。
その分、ペナルティエリア内には人数をかけ、最後の部分ではしっかりと守っていたかなと。
遠めに見るとかなりバランスが悪い布陣で、ギリギリの守備が続いていましたが、何とかしのぎ切れたのは良かったかなと思います。
5バックにする事で、エリア内に人に強いディフェンダーが集まり、一人ひとりの距離が短くなるので、間を抜かれる事が少なかったかと。
4バックであれば、大野選手がPKを与えた様なシーンも、もっとたくさん作られていたかもしれません。
パっと見、小泉選手が一列上がり、見ていた選手をマイケル選手がみる様にしたほうが、中盤のスペースがうまり、もう少し押し込まれる時間も少なくなったと思いますが、この辺りは一長一短あるかなと。
結果0で抑えているので、正しい選択だったのだと思います。

攻撃に関しても、後半前に出ていき、ゴールを決めてもおかしくない様な決定的なシーンもいくつか作りました。

そろそろ勝ち点3が欲しい時期ではありますが、ガンバ、浦和と強敵相手に失点0の勝ち点1ずつというのは決して悪くないかなと思います。
次に期待ですね。
posted by BBSHIN at 23:23| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。