2016年05月04日

鹿島2−1新潟

痛いアウェイでの敗戦。
しばらく勝てていなく、状況はかなり悪いです。
最近の試合の中では、比較的良い内容だったものの、結果がついてこないところは相変わらずです。
そこまでのピンチでないのに簡単に失点してしまうのも今年の悪いところです。
人にしっかりついていた柳下アルビであれば起こり得ない様な失点を繰り返しています。
マンマークからゾーンへと守備のやり方がかわりましたが、危険なポジションにいる選手にしっかりつかなくても良い、的なプレーが随所に見受けられます。
また、攻撃も手数をかけ過ぎというか、数的同数で速攻を出来るタイミングでも、3割位の成功率のパス位だったら遅効に切り替えるシーンが目立ちます。
今回の試合の様に、力量に差がある相手からゴールをねじ込む可能性が高いのは、やはりカウンターかセットプレーです。
パスで繋ぐサッカーをやりつつも、いける時はいく様にしないと見ててゴールを割れる気がしません。
そういう意味でも野津田選手の場所にはやはりスピードのある選手やドリブラーでないと厳しい気がします。

あとは、今シーズンサイドから指宿選手の高さを活かすプレーが少なく、中央突破での足元へのプレーばかりになっている気がします。
一辺倒な攻撃が続き、ボールを狩られる回数が多く、相手DFの狙いどころになっている様に見えます。

このままでは、今年の新潟、かなり危険な香りがします。
なんとかならないものでしょうか。
posted by BBSHIN at 18:53| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。