2015年07月21日

新潟1−0鳥栖

連敗からの脱出!

やっぱり勝利は嬉しいですね〜

小泉選手のシュート最高でした。
すさまじいスーパーゴールです!
ヒーローインタビューでは「狙ってなかった」的な事を言ってましたが、積極的に打ったからこそ入ったゴールですよね。

この試合の鳥栖はほとんど良いところがありませんでした。
ディフェンスラインからのロングボール多用、ロングスロー、自陣からのフリーキックからの放り込みなど、独特なスタイルを見せるチームではありますが、この試合ではそういった部分に脅威を感じませんでした。
要の豊田選手の調子が悪かった様にも見えますが、新潟の守備が良かったとも言えるでしょう。
ここ数試合の新潟の守備のポイントはやはり「速い寄せ」と「かわされても別の選手がすぐフォロー」、そして、抜かれた選手もすぐにポジションを変えて危険な位置をケアし直すといった、集中と運動量だと思います。
逆に、この試合の鳥栖の守備は、各選手が自分のポジションを固定的に守り、スペースで受けられてもすぐに寄せずに、最後の危険なところでは厳しく寄せるといった様に、新潟とは対照的な守り方をしていました。

厳しく寄せるという事は、当然危険なスペースを生み出す事にも繋がるので、新潟の今の守備の肝はやはり「運動量」かと。
素早く寄せつつ、生まれるスペースを他の選手が即座にカバーする事を繰り返す今の守備で、動きの量の低下はいきなりピンチを招きます。
それが出来なかったのでFC東京戦で、出来たのが鹿島戦と今回の鳥栖戦です。

選手を見ると、最近の山崎選手、指宿選手の2トップの組み合わせを中々の物になってきました。
指宿選手は、スピードが無いながらも、効果的に守備で寄せる様になってきました。
ただ、かなり頑張っていた分、さすがに終盤はバテバテになっていたので、交代はもっと早くでも良かったのではと思ってしまいました。
メンバーチェンジで山崎選手が先に下がった時は「そこは指宿選手が先では?」と思ってしまいました。

あとは、指宿選手のかわりに入った武蔵選手。
前の試合でも終盤の投入での緩い守備がひどかったですが、この試合もかなり目立ちました。
チェイシングに関しては、前の試合よりマシにはなっていましたが、それでもプレッシャーは弱かったかなと。
あの状況での途中出場の役割としては、前がかりになった鳥栖のDFラインの裏への抜け出しでのチャンスメイクと相手ラインの押し下げ、ロングボールの出所へのチェックだっと思います。
裏への抜け出しは良かったですが、相手ボールになった後の戻りが毎回ゆっくりとしたジョグでは遅すぎます。
あれは、90分プレーしなければいけない選手の動き方です。
あの場面では、スタミナをセーブする必要は全くなく、ダッシュしてでも相手DFラインより自陣側に戻らなくてはいけません。
ただ、恐らく怠慢プレーをしていた訳ではなく、状況判断が悪いだけなのかと。
身体能力は凄いものを持っているので、サッカー脳が鍛えられていけば一気にブレイクする可能性もあるので、期待したいと思います。

そして、次の試合は、絶対に勝利が必要な試合です。
鹿島戦とこの試合の戦い方が出来れば、普通に勝てるとは思いますが、そういう試合を落としてきたからこそ、今の新潟のこの状況があります。
集中した守備を続け、勝ち点3をもぎ取ってもらいたいですね。
posted by BBSHIN at 01:28| Comment(0) | ホーム戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。