2015年07月16日

FC東京3−1新潟

厳しい状況の中、本当に痛い敗戦。

結果、内容ともに乾杯でした。

前節良いゲームが出来ていながらも敗戦し、「これを続けていけば・・・」という矢先のゲームで良い内容すら続けらないという悪循環

前節、本当に良い守備をし、走りきったゲームをしていたので、疲労面が気になっていましたが、今節のメンバーは前節と同じでした。
暑い夏、水曜日のゲームという事で1、2人入れ替えてくると思っていました。
鹿島戦で出来た良い守備は、疲れて苦しい時でも次から次へと奪いにかかるという感じでコンディションが良くて初めて出来る事です。
すぐ次に訪れる鳥栖戦にも大きなダメージを残してしまい、次の試合にも不安が残ります。

この試合の苦しそうな姿を見て、何故暑い夏にこの慣れ親しんだスタイルに戻したのかも疑問も感じましたが、ここはこのやり方を貫くしかないでしょう。

今季は、フォーメーションであったり、スタメン、メンバーチェンジと采配がやる事なすこと裏目に出てしまっています。
どこかで断ち切らないと今季は本当にヤバいかもしれません。


次こそは勝利を・・・
posted by BBSHIN at 07:24| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。