2015年07月12日

新潟2−3鹿島 2015年J1 2nd 第一節

本当に悔しい逆転負け。

スタジアムに訪れたサポーターの大半が勝利を確信し、最低でも勝ち点は1だと頭によぎっていた事でしょう。

ただ、先制されてからのすぐの同点弾、逆転ゴールには1stステージには無かった強さを感じました。

パスもまわるし、一番変わったのは守備です。
厳しくボールホルダーに寄せ、かわされても次から次へと襲いかかり、鹿島のミスを誘う守備は圧巻でした。
柳下体制で一番良かった時の守備が戻ってきたといっても良い程の圧力を出せていたと思います。

中でも目だっていたのは小泉選手です。
ゴールはもちろんの事ですが、ボールに厳しくいく守備は素晴らしいものがありました。
昨年から比べ、明らかに成長が見てとれます。

指宿選手も今季一番のキープ力を見せていたと思います。
このパフォーマンスであればスタメンも納得です。

しかし、暑さもあってか終盤には疲れが見える中、交代カードには若干の疑問を感じました。

成岡選手を入れたのは、恐らく前線でもしっかりとキープしたり、最後の決定力を期待してのものだったと思います。
これはまあ納得。

再三の攻め上がりを見せ、相当疲れてるコルテース選手に代えて前野選手かと思いきや、コルテース選手は残し一列前に前野選手を入れました。
そして、鈴木武蔵選手の投入。
ここは守備の選手を入れる時間帯にも見えましたが、指宿選手も疲れが見えていたので、前線からの守備という意味では悪くないと思います。
ただ、もう少し早めでも良かった気がするのと、プレーを見ると交代の意図がしっかりと伝わっていなかったのではと思ってしまいます。

恐らく、中盤のスペースを空けない様に「前から行き過ぎるな」的な事は言われていたとは思いますが、ロングボールを蹴れる位置まで上がったディフェンダーへのプレッシャーをかけないシーンには目を疑いました。
他の選手が疲れ切っている時間帯、途中出場の選手がパス回しに振り回されたとしてもしつこく追い回す必要があったはずです。
スタメン出場ならありな守備も、あの時間帯の役割は全く違ったはずです。
その辺り、田中達也選手なら役目をしっかりと理解しプレーしてくれたかと。

あとは、決めるべきところで決められなかったのも痛いですね。
加藤選手と山本選手のシュートはしっかりと決める必要があるシーンでしたね。
こういう所で決めないで、逆にゴールを奪われてしまうというのは、今年何度も見たシーンです。


ただ、全員で熱く走る試合を見れたのは良かったと思います。

1stステージは、どこか綺麗なサッカーをしようとしている感じが見受けられました。
フォーメーションも3バックは新潟に合ってないと思います。
新潟の3バックは攻めあがらないDFが1人多いだけの様に見えます。
という事もあり、この試合の4バックには久々に躍動感が見て取れました。
川口選手とコルテース選手も相当走ってましたし、新潟のSBというのはやはりこうでなくてはいけません。
そういう意味でも、終盤疲れた彼らにかわって出せる安定したバックアッパーも必要になってくるでしょう。

こういうサッカーを続ける事が出来れば、なんとか上がっていけるのではないかなと思います。

不安要素は夏の疲労蓄積ですね。
このサッカーをやって勝てないと疲れが重くのしかかり、連戦の次の試合で、前回の様な守備が出来ないという事は多々あります。

負けは負けと切り替えて、次に向かって疲れをしっかりと取り、今日のサッカーを続けていければ明るい未来が見えてくるはず??
posted by BBSHIN at 01:25| Comment(0) | ホーム戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。