2015年05月16日

新潟0−3仙台 2015年J1 1st第12節

悔しい惨敗です。

ここしばらくは「良いゲームは出来ているものの結果が出ない」というのが続いていましたが、結果が出ないままその「良いゲーム」すら出来なくなりました。

攻撃も守備もバラバラです。
特に攻撃は攻め手に欠け、得点の匂いがほとんどしません。
試合開始からバタバタし全く形が作れない中、前半の終盤にサイドからいくつかチャンスを作れましたが、後半になりそれも陰をひそめる様になりました。

守備も今までよりも、ワンテンポ寄せが甘く、相手に余裕で回されてしまいます。
そうしたプレーの積み重ねがスタミナを奪い、更に後手を踏む様になっていった様に思えます。

このゲーム一番の問題はセカンドボールをマイボールに出来ていないという点です。
今までであれば、トラップして収めていたところも、ヘディングでクリアしたり、五分五分のボールに先に触れてもすぐに蹴ってしまったりと、今までであればマイボールに出来ていたシーンで、簡単に失ってしまっています。
これでは攻撃どころではありません。
レオシルバ選手の不在がここで大きく出る形になったかなと。
落ち着いて収めたり、競り合いの中でも、ワンタッチでフリーな選手に渡したりとしてくれていたレオシルバ選手がいないとここまで出来ないものなのかなと。
ただ、新潟の選手のレベルを見る限り、そういうプレーが出来ないような選手層でもありません。
この試合の新潟の選手は何か浮き足だっていました。
落ち着いてやれば出来るプレーも何か慌てていた様な・・
なんとなく「結果を出していない」という事と「簡単な失点が続いている」という事から、慌ててしまっている様に見えました。

GWの連戦あたりから感じていたヤバさが、そろそろ現実のものとして現れてきました。
この辺りで食い止めないといけません。
それには、まずは勝ち点。
現状、浮上する為にはまずは1でも十分な状況ではありますが、引き分け狙いでは今の新潟は取りこぼす可能性が高く、やはり3を取りに行って初めて勝ち点が得られると思います。
ラファエルシルバ選手がいるならまだしも、残りのメンバーで引いて守ってカウンターはありえません。
今のサッカーの精度を上げるしか手が無い現状かと思われます。

でも、ラファエル選手が復帰したならそれもありかも・・・

とりあえず、サポーターは信じて応援するのみです。
posted by BBSHIN at 23:14| Comment(0) | ホーム戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。