2015年04月29日

新潟0−1FC東京 2015年1st第8節

またしてもセットプレー、しっかり抑えつつ数少ないピンチを決められての敗戦。

新潟が押し込む時間が長く、決定機も数多く作っていながら決めきれず、結果、相手に少ないチャンスを決められるという、何度も見た展開です。

正直、2点、3点と取って突き放す事も可能なゲームでしたが、それが出来ないでいるとこういう一発にやられてしまいます。
内容と結果を連動させる事が出来ないのは、やはり何かが足りないのでしょうね。
最後のところで決めきる力か、または、チャンスをもっと量産する必要があるのか。

今年の新潟は上手い選手が多く、やってるサッカーも決して悪くないのですが、それでもこの結果の連続には不安を覚えずにはいられません。
過去に実力がありながらも、降格していったチームの敗戦の数々はこういう感じでした。

相手と大きなレベルの差がある訳ではないので、過去の徳島や横浜FCの様な絶望的状況でもないのですが、ズルズルいくと磐田や数年前のガンバの様になってしまう可能性も大いにありえます。
逆に、そういうチーム状況なだけに、一度好転してしまえば、一気に強さを発揮してくれるという事も十分に考えられます。

こういう時は、まずは、1つの勝利、勝ち点3が必要ですね。
ゴールデンウィークの残り2試合、ここで1つ、2つ勝つ事でチーム状況は大きく上向くものと思われます。
開幕前には想像もつかない程に低迷した今の現状では大きな目標を掲げる事も出来ない状況なので、勝ち点を少しずつ積み上げていく事が求められています。
経過よりも結果。
今はそれが重要ですね。
posted by BBSHIN at 18:18| Comment(0) | ホーム戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。