2015年04月12日

鹿島1−1新潟

惜しい引き分け。

五分五分の展開で、どちらが勝ってもおかしくないゲームでした。

それだけに終盤のPKにならなかったプレーは残念でした。
審判の判断が全てなので仕方ないですが、不運なジャッジでした。
9割方PKになってもおかしくないプレーでしたね。

前半は鹿島の上手さが際立つ展開でした。
局面のプレーで鹿島の選手に軍配が上がるので、新潟がやりたいポゼッションを相手にやられる形となり、新潟は堅守速攻がメインとなりました。
ただ、この辺りが去年と違うところで、ポゼッションで相手を上回れない場合には、カウンターというもう一つの武器があるのは大きいです。
それを可能にするのはやはりラファエルシルバ選手という個の力です。
あのスピードはなかなか止められないですよね。

先制点のシーン、レオシルバ選手のインターセプト、ラファエルシルバ選手のスピードによる抜け出し、という新潟誇る2つの武器が火を吹いた瞬間でした。
流れを相手に持っていかれたとしても、それをひっくり返す力を持っているのは大きいですよね。

ただ、後半始まってすぐの同点弾、あれはまずいですね。
エンジンがかかる前に失点してしまうのは、昔の新潟に良くあった事です。
あのシーンでも、ラインの位置やセカンドボールに対する反応、ポジショニングなど、防ぐ事の出来た失点だったかと思います。

といっても、強い鹿島に対しアウェイでの勝ち点1は、決して悪いものではなく、十分満足がいく結果だったのかなと思います。
もちろん勝ってほしかったですけどね。。

次のホーム、ここは絶対に勝って欲しいです!
posted by BBSHIN at 21:10| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。