2015年04月04日

川崎4−1新潟

大量失点による完敗。。

最初の15分位はかなり良い内容でしたが、自分達の時間帯のうちに得点出来ずに、相手の流れになった途端に失点。
こういう光景は過去にも何度も見た事があります。
この辺りはやはり決定力の差なのでしょうね。

新潟の攻撃は、相手に守備をしっかり固められると、強引にでもねじ込む様な決め手に欠ける事が多いので、リードされると厳しい展開になる事が多いです。
これは、どのチームにいえる事ですが、新潟の場合はそれが顕著に現れます。

あとは、選手のレベルの差もあるかなと思います。
川崎の選手は細かなタッチで、守備が飛び込めない間合いキープ力を発揮出来る選手が多く、人にしっかり寄せる新潟の守備は、詰める事で相手にスペースを与える結果になってしまいます。
また、結果を出せないプレスの繰り返しが、新潟の選手のスタミナをどんどんと削っていき、攻撃の際に力が発揮出来ない状態となってしまっているように見えます。

しかし、川崎の攻撃力はハンパじゃないですね。。
個の力もそうですが、ドリブルで突っかけてDFを引き寄せてのヒール、そこからのワンタッチスルー、など新潟の守備は翻弄されっぱなしです。
得点のリードを活かし、前に運んでダメなら後ろに戻し作り直したりなど、「こう運ばれたら厳しいな」というプレーがどんどんと出てきます。


新潟の方は、ゴールを決めたラファエルシルバ選手のスピードと決定力はやはりさすがですね。
ここをうまく活かしていけば、今後ゴールを量産出来る予感はします。
平松選手は新人ながら、良いプレーをしてはいますが、やはり他のチームの同ポジションの選手と比べると、相手に与える怖さがまだ無いかなと。
もっと強烈なインパクトを与える選手に成長する事を期待したいです。
初スタメンの川口選手は1対1での突破力に光る物を見せてくれました。
ただ、抜いた後のクロスのタイミングが悪いのと、精度がいまいちです。
まだまだですが、今後の可能性を感じさせてくれる選手です。

途中出場で指宿選手が登場しましたが、あの展開ならもっと劇的に戦い方を変化をさせても良かったのかなと。
ポゼッションやカウンターなど、川崎は新潟を1枚も2枚も上回っており、あのままでは状況を覆すのは厳しいのは見えていたので、「高さ」という個を活かすべきだったと思います。
今までの試合の戦い方を見ていても、指宿選手に対しても他のフォワードに近いものを求め、しっかり動いてポゼッションに参加するプレーが多く見られます。
ただ、この試合に限っていえば、そういうプレーでは相手を上回れないのは見えていたので、前に張らせてターゲットにするプレーを増やすべきだったと思います。
指宿選手投入後も、低いクロスでDFに引っかかったりグラウンダーのパスがカットされたりしていたのは残念でした。
アバウトにでも的にして放り込み、こぼれを狙う位の強引さと柔軟さが欲しかったです。
あの場面のメンバーチェンジには監督のそういった意図も込められていたと思うのですが。。


ただ、この試合の川崎は、かなり強かったと思うので、この敗戦は気にする事なく、今までの新潟の戦いを繰り返していけば、今後悪い結果は出ない気もします。
ゴールを奪う為、精度を高めていったり、引き出しの数を増やす必要はありますが、もっともっと強くなってくれる事を期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 22:24| Comment(0) | アウェイ戦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。