2019年06月02日

泥沼4連敗 新潟0−2甲府

ホーム甲府戦での惨敗。
泥沼の4連敗となりました

ここ最近の守備陣の崩壊っぷりが凄いです
特にピンチでもない場面からサクっと失点しまう様になってしまいました。
昨シーズンからCBが補強ポイントでしたが、そこがうまくいかなかったのが大きいかなと。

監督交代前は、ディフェンスラインを下げ、前からもそれほど行かず、自陣でコンパクトに固めていた事で、守れていた様に感じます。ただ、あの守備ではそこそこの結果は出せても上位は難しかったかなと。
交代後は、前から守備に行き、ディフェンスラインも高めに設定した事で、布陣としてはバランスが良くなりましたが、生まれるスペースに対応しきれていない様に思えます。
人につき過ぎず、危険なスペースを空けない様な位置取りをし、結果、人につき切れず失点というシーンが多いかなと。

前からの守備も、勢い良くいっているものの、あと一歩、ボールを狩りとるまでいかず、逆に空いた逆サイドに出され、相手に攻撃の糸口を与える結果となってしまっています。
ボールまわしがうまくないチームには効果を出しカウンターに繋げているものの、しっかりとしたチームには通じないレベルかと。


攻撃面でも手詰まり感がハンパではありません。
特に前半はひどいものがありました。
両ウイングがサイドに張る時間が長く、タイミング良く絞る事が少ないので、サイドバックが上がるスペースがありません。
他のポジションにもそれは当てはまり、連動性ある流動的な攻撃が出来ていない様に見えます。
1トップ、トップ下、両ワイドとする事で、役割が明確になった代わりに、流動性に欠ける動きになっているという面もあるかと思います。



今年の昇格はかなり難しいところにきてしまいました。
昨年同様にJ3降格もありうる状況です。

こうなってしまうと、目標をどこに位置付け、どういうサッカーをしていくかが重要かなと思います。
ここまでくると、今シーズンは厳しいので来年の昇格を目標にしつつ、今年はJ3降格だけは避けつつ、形を作っていくのが現実的な路線かなと。
シーズン序盤の引いた形の方が堅く守れる面はありますが、そのままでは未来はないと思うので、この形の継続が良い気もしますが、一気に降格してしまいそうな可能性も大ですね。
今の新潟には、ラインは高くするものの、前からそれ程行かずに、中盤にボールが入るところで素早く寄せ、人数をかけルーズボールにする様な守備の徹底が合っているのではないかと。これから暑くもなってきますしね。


しかし、こうした観てる側の目標の下方修正というのは寂しいですね。
上を見続けられる様なサッカーをしてもらいたいものです。
posted by BBSHIN at 08:15| Comment(0) | ホーム戦