2017年04月22日

新潟0−3FC東京 ホームで勝てない日々が続く・・

ホームでの惨敗
数試合観たあたりから感じてますが、今年の新潟は本当にひどいですね。

色んな部分でチームが未完成だと感じます。

まず、一番の問題はホニ選手ありきの戦い方になっていることです。
ホニ選手を下げた途端に攻撃の形が作れなくなってきます。
そして、ホニ選手自身も、素晴らしい裏への抜け出しはあるものの、ボールを持って最後の一人を抜いてゴールというタイプではない様です。
彼が裏へ抜け出し、決定機を作り、もう一人がゴール前に詰め決める
といった形が理想的かと思いますが、FWのもう一人のガリャルド選手は下がって受けてホニ選手に決定的なパスを出すという役割が大きいので、ホニ選手が受けるとひとりでゴールまでトライするしかない状況となっています。
若干ガリャルド選手は昔のミシェウ選手の様な状態となっており、実質ホニ選手の1トップの様な形となっています。
かといって、ガリャルド選手を中盤に下げると、スピードがないので、これまた守備が崩壊しそうです。
唯一といって良い決定的なパスを出せる選手の置き所が難しいのかと。
ただ、長い目で強くなるためには、ガリャルド選手を一列下げた上で、守備もしっかりと構築し、ストライカーをもう一人前線に配置すると良いかなと思います。
山崎選手はハーフでとても良いプレーをしているのでもったい無い気もしますが、二人の役割を入れ替えるのもアリかなと。

もう一つ、ボランチにも難があるかなと。
開幕より続けていた原選手、小泉選手のダブルボランチは、ボールを前に運ぶ部分が出来ていませんでした。
器用な原選手は左SBでも良いプレーを連発しています。
前節よりスタメンに入ったロメロ選手は、完全にフィットしているとはいえず荒さは見えるものの、守備攻撃で力強さを感じさせてくれます。
ここは使い続ける必要があるかなと。
あとはやはり、小泉選手です。
俊敏性もあり、ボール奪取に長けており、将来性の大きさは感じるのですが、やはりゲームを落ち着かせたり、奪った後、的確にボールを前につけたり、裏を狙ったりする部分の判断では、他チームのボランチにまだまだ届いていない様に感じます。
良い感じになってきているので、もったいない気もしますが、一旦サブとし、左SBに別の選手の台頭があれば、ロメロ選手と原選手を組ますか、または、過去に見た富澤選手のボランチは良かったので、今も出来るのであれば一列上げるかなどし、攻撃時に落ち着きを持てる様にして欲しいものです。

あと、この試合のメンバーチェンジにも疑問が残ります。
終盤の大野選手の投入での3バック、そしてジュフン選手を上げてのパワープレイ。
ほんとに練習してきたのかと思ってしまう程の完成度の低さです。
しかもタイミング的にも遅く、FC東京のメンバーチェンジに対し後手にまわっている様に見えました。

今年の新潟、決して悪い選手層ではない気もしますが、適材適所とはいえず、メンバー選びや采配に疑問が残ります。
また、ホニ選手やガリャルド選手が90分使えない場合、彼抜きで戦えるチームになっていない事にも不安を感じます。

ここまでくると、そろそろ決断が必要かと思われます。
じっくり待つ余裕はないかと。
posted by BBSHIN at 19:07| Comment(0) | ホーム戦

2017年04月08日

鳥栖3−0新潟

完敗!!

今年の新潟、本当にまずいです。

弱い。

弱すぎる


前半良いプレーを連発し期待を感じさせてくれる部分もありましたが、押し気味に進めながら決めきれず、簡単なプレーでやられるという波の悪いチームの典型的な流れになっているかと。
こんな試合がしばらく続いていますね。

去年のサッカーもひどかったですが、今年はそれに輪をかけて厳しい気がします。
パっと見良さそうなのに勝てる気がしません。

メンバーをかえて挑みましたが、原選手の左SBコンバートは良かったですね。
小泉選手、原選手のダブルボランチは、悪くはないものの決め手に欠いていましたね。
加藤選手は二人にはないパスをしていたかなと。
攻撃的な部分で力を発揮出来る本職ボランチがいるのが一番良いのですが。

端山選手はかなり消えていたので、現段階では途中出場とかの方が無難かなと。。
今日の出来が悪かったのかもですが、もっと早く交代させても良かったかと。
出来れば調子が良く、結果を出している田中達也選手を先に出してあげたいところです。

今年のチーム、ホニ選手、チアゴガリャルド選手、山崎選手と強力なアタッカー陣がいるので、やり方次第では得点を量産出来るチームになってもおかしくない気配はプンプンと漂っています。
やり方次第で強くなる気配も十分にありまりますが、、、 どうも、今年はそうなる気がしません。

これは早いうちに手をうった方が良い気がします。
posted by BBSHIN at 17:06| Comment(0) | アウェイ戦

2017年04月07日

dazn for docomoに切り替え

DAZNに決まった当初、登録し海外サッカーなどを無料期間で視聴し試し、その後解約し、Jリーグ開幕とともに再度もうしこみました。

その間、ドコモユーザーは安く観る事が出来ると聞き、3月末で一旦解約し、ドコモから申し込む事としました。

ドコモのHPから申し込みを行い、4月上旬に試したところ、解約したものの4月5日までは視聴可とのことで、そのままにしておきました。
そして、今日観てみたところログアウト状態になっており、Dドコモログインというのが出ていたので、そちらをクリックすると、6ケタのシリアルコードが表示されました。
テレビ画面に表示されたURLにパソコンのブラウザ(スマホも可らしい?)で行ってみて、シリアルコードを入力とのことでしたが、うまくいきません。
ブラウザをIEとグーグルクロム併用している事もあり、IEの方ではうまくいきませんでした。
クロムを使うとコードの入力が出来、その後、マイドコモのログイン画面へと移りました。
ドコモのIDでログインをした瞬間、認証が出来たのか、テレビから音声が流れ、DAZNの視聴が始まりました。
意外に簡単でしたね。
これで次のアウェイに向けての準備が整いました。
posted by BBSHIN at 00:13| Comment(0) | 日記

2017年03月20日

なかなか勝てない日々が続く

開幕からなかなか勝てません
例年という事もあってか、こういうもどかしさに慣れてきてしまっているのが悲しいですね。

マリノス戦は負けてもおかしくない様なゲーム内容ながらの勝ち点1
悪くない結果だったかなと思います。

チアゴガリャルド選手がスタメンで出れたというのは大きいかなと。
プレーを見てもセンスがあり、うまそうですしね。
タイプ的には中盤で前を向いてボールを持たせた方が良さそうに見えますが、スピードがないので新潟の守備のやり方だと、連動性が崩れてしまいそうです。
フォワードであれば、寄せが遅くてもとりあえず追ってくれれば役割を果たす形になるので、現状はこれがベストなのかもしれません。
下がってうけるシーンも多いので、昔のミシェウ的に前の人数が減ってしまうので、空いたスペースにいかに中盤の選手が飛び込んでいくかが重要になりそうです。
守備も出来て前への推進力のある山崎選手のMF起用は悪くないかなと。

ただ、現状では武蔵選手の中盤起用はあまり機能していないかなと感じます。
彼はフォワードにおき、スピードを生かしたプレーの方が活きてくると思います。
プレーもまだ大味なので、細かい事はさせず、失敗を恐れずにドンドンチャレンジさせて欲しいですね。

ダブルボランチの小泉選手と原選手は若いのにレベルが高く将来性があり良いですね。
ただ、現状では二人とも守備的役割が目立ち、攻撃面でアクセントをつける回数が少ないので、いまのところは、もう一人ボランチのスタメンに割って入り、攻撃面で特徴を見せられる選手がいるともっと強くなってくれるのではないかと。

たくさんの不安もありながら、徐々に良くなっていきそうな予感もある今年の新潟。

そろそろ、初勝利が見たいですね。
posted by BBSHIN at 08:47| Comment(0) | 日記

2017年03月05日

アウェイ神戸戦 くやしい敗戦

アウェイ神戸戦はDAZNで観ました。

最初はなれなかったDAZNも少しずつ慣れてきました。
1回だけ試合前に動きが固まった時がありましたが、試合中は問題なくうつっていたので良かったです。

試合の方は、前節に引き続きセットプレーでやられています。
こぼれ球が拾われるときに相手にフリーな選手を作ってしまうのは何故なのでしょうかね。。
守り方をみていると、今後に不安を感じてしまいます。

攻撃面では、やはりホニ選手が素晴らしいですね。
スピードがハンパではありません。
ただ、自分で強引にフィニッシュまでいく意識が強いのはとても良い事なのですが、フリーな味方がいる時もシュートを選択しているので、もう少しまわりを使う様になれば、より自分が活きる様になるのかなと。
カウンターで山崎選手に出していれば一点というシーンもありましたし、他にも、ミドルシュートが弱めになってしまったシーンなどでは右サイドにフリーな選手が上がってきていました。
この辺りを冷静に使えるようになって欲しいかなと思います。

あとは、新加入の富澤選手は、冷静な判断のプレーと熱いプレーが良いですね。
大野選手の様なスピードはなさそうですが、速くストレートな弾道のロングフィードの精度と狙いが良く、今までの新潟にいないタイプの選手かなと。


まだまだ、パスの出し手ともらい手の狙いが違いロストするシーンが目立つなど、連携面に問題がありますが、試合を重ねていくことでドンドン良くなっていく様な予感はあります。

今後に期待ですね。
posted by BBSHIN at 02:01| Comment(0) | アウェイ戦

2016年11月27日

無料視聴期間内にDAZNを退会すると、、

Amazon Fire TVを用いDAZNでサッカーを視聴してみる為に、無料視聴に登録しました。

1ヶ月無料視聴登録の際にクレジットカードの入力が必要となり、30日経過後から料金が発生するというものでした。

Jリーグの開幕まではまだ期間があり、テストは十分に出来た為、無料視聴登録の当日に退会する事としました。

すると、

「お客様は最近退会されましたが、無料体験の残り30日間はサービスをご利用いただけます。」

との表示が出ました。

という事は、開幕直前までこのままにしておけば、開幕後は1ヶ月無料で観る事が出来そうです。
 →その後メールにて「なお、サービスは2016/12/27 までご利用いただけます」との通知が届いた為、上記一文は勘違いのようでした。一旦中止し、無料視聴を再開といった虫の良い話は無理の様です。一ヶ月分を無料で観たい方は開幕まで無料視聴を引っ張るという手もあるかもしれません。


スカパーに慣れた自分としては、スカパーが継続されるのが一番良いとは思いますが、どちらに転んでも良い様な心の準備はしておきたいと思います。

posted by BBSHIN at 19:39| Comment(0) | 日記

Amazon Fire TVを用いDAZNでサッカーを視聴してみた

来シーズンより、パフォームという会社がJリーグの放映権を手に入れたというニュースが話題となりました。

そうなると、気になるのが、今までの様にスカパーで各試合をライブで観る事が出来るのかという点です。

スカパーで来季放送するかは未定という事で、間違いなく放送されるであろうDAZNに切り替えるかどうかというのがポイントになると思います。

ネットなどで感想を見ると

「サッカーを観るには画質が厳しい」

という意見があり、不安に感じていました。

そこで、現段階で海外サッカーなどを試しに観てみようと思いました。

1ヶ月の視聴が無料という事で、一旦入会し、試しに観た後に退会し、シーズン前に再加入しようかなと考えました。(再加入が問題ないかなどはやった事がないので分かりません)

パソコンで実際観てみると、確かに荒い部分もあり、カクカクする部分はありますが、若干気になるかなというレベルです。

あとは、たまに止まるというのがありました。
環境としては、念のため、無線はやめて有線にしています。

ただ、今までテレビで観てきた身としては、1、2試合ならまだしもパソコンで毎試合サッカーを観るのには抵抗があります。
そこで、「Amazon Fire TV」なるアイテムを買ってみました。
価格は12,000円位だったでしょうか。
このアイテムはユーチューブやアマゾンのプライム・ビデオなどをテレビで観れるというものです。

そして、本日届き使ってみました。
Amazon Fire TVには、別売りでHDMIケーブル、そしてLANケーブルが必要となります。
ルーター、ハブなどから、LANケーブルをもってきて、Amazon Fire TVにさします。
そして、Amazon Fire TVとテレビはHDMIケーブルで繋ぎます。
また、Amazon Fire TV自体にも電源が必要となります。

テレビにつなぎ、つけるとAmazon Fire TVの説明が始まりました。
とりあえず、そこは聞かずにとばし、登録済みのDAZNを観ようと思いました。
方法としては、アプリと書かれたところで右ボタンを何回か押すとDAZNがあったので、ダウンロードを押すとインストールされ、開始するというだけでした。

実際に画面を観てみると、、

パソコンよりはるかに画質が良いです。
動きもかなり滑らかな気がします。
通常のテレビ放送に遜色ないものがあったかなと思います。
これなら問題なく見れるのではないかなと。

ただ、今のところ、1試合の録画放送しか観ていないので、生放送で同等のものを観れるのかは分かりませんが・・

とりあえず、来シーズンも会場に行けないアウェイ戦をリアルタイムで観る事が出来そうです。


その後の経過↓↓
無料視聴期間内の退会についてのブログ記事はこちら
posted by BBSHIN at 19:20| Comment(0) | 日記

2016年10月01日

磐田1−2新潟 監督交代初戦 劇的な勝利!

4連敗からの脱出。
素晴らしい勝利でした!

この試合の新潟は今までとは全く違うといって良い程の素晴らしいプレーをしてくれました。
ただ、全く違うサッカーをやっていたかというとそうでもなく、今年の新潟のボールを保持するサッカーに少しの変化を加えたというだけのものだったかなと思います。
そういう意味では前監督も、もう少し柔軟なプレーを選手にさせていれば、十分こういう試合が出来ていたのかなと感じます。

どういう風な練習が行われているのか分からないのであくまで想像ですが、今まではボールキープの練習をメインに行い、
「可能性の低いチャレンジはしないで、相手の隙が出来るまでボールを保持する」
「コースがしっかりと空いてなければシュートは打たず、良い形を作るまで待つ」
「クロスはゴール前に選手が揃っている状態でなければ上げない」
「可能性の低いチャレンジパスは控え、通る可能性の高いパスを多用する」
といった縛りがあった様な気がしてなりません。
そして、この試合ではその辺りの縛りを解き、今までのボールを保持するスタイルは維持しつつも、
「チャンスがあればチャレンジしても良い」
という風に、足枷を外した様なサッカーに感じました。
(実際のところはどうかは分からないですけど・・)

ただし、失点にも繋がったセットプレーの守備には、まだまだ不安が残ります。
失点したシーンというよりも、コーナーキックの守備にまずさを感じました。
今年は、去年のマンツーからゾーンに切り替えましたが、この試合でもそこは継続してきました。
一つ違うのは、相手チームの一番危険な選手のみマンツーにしているという点です。
そこは、決して悪くないのですが、ジェイ選手に気を取られ2番目、3番目に危険な選手にうまくやられる良くあるパターンに陥っていたかなと。
そして、恐らく途中からジュビロも新潟の守備スタイルに気付き、ジェイ選手の近くにもう一人選手をくっつける様にし、スクリーンでジェイ選手につく守備をはがすか、もう一人がフリーになるかというのを狙ってきたかと思います。
そこで、臨機応変にやるのであれば、もう一人マンツーにつけるのですが、そうすると、ゾーンの守備があまくなります。
ゾーン、マンツーそれぞれ一長一短があり、完璧なスタイルというものはありませんが、マンツーを採用するチームが多い事からも分かる通り、将来的にはマンツーに戻した方が良いのかなと思います。
ただ、残りの期間で修正するのも厳しいでしょうから、この変則ゾーンに磨きをかけていくのが無難かもしれません。

あと、この試合ではフォーメーションを4−4−2に戻してきました。
今までの4−1−4−1では、どうしても役割が固定される選手が多く(ワンボランチ、ワントップ、サイド)新潟の代名詞でもあった運動量を活かした流動的な攻撃が影をひそめてしまいます。
そして、3バックではそれが更に顕著に現れていました。
ダブルボランチはどちらか一方が上がったり、2トップは一人がポストプレー、もう一人が裏を狙ったりと、状況に応じて役割が交代する事で、それぞれがスペシャリストでなくても、チーム全体でカバーし合う事が出来ます。
新潟の選手の個性を活かすには、4−4−2がやっぱり合っているのかなと、この試合を見て再認識しました。

前監督が自分の目指すサッカーに向けひたすら突き進み、壁にぶつかり低迷しても、それを続け積み上げたものを、新監督が選手の特徴に合わせたマイナーチェンジを行ったというのが見て取れる試合でした。

残り3試合、相手は強豪ばかりですが、この方向性でもう少し上積みが出来れば決して勝てない相手ではないかなと。
残留に向けては、まだまだ崖っぷちの状態ですが、意地でもJ1に残ってもらいたいと思います。
posted by BBSHIN at 22:49| Comment(0) | アウェイ戦

2016年09月27日

監督交代

監督交代のニュースを見ました
率直な感想としては、「遅い」というものでした

数ヶ月前より、戦い方に先が見えないのと、積み重ねがなく、ブレが多いのは素人目に見ても分かりました

といっても、ここまできたら現体制を応援するしかありません

幸い、細かなパスワークなど、今までなかったものは身につきました
あとは、判断、プレーの選択、リスクの犯しかた、などだと思います。

鹿島戦、一点を追う新潟は今まで以上にテンポを上げました
ただ、それが染み付いているものではないのは、バタツキを見れば明らかです
ああしたテンポアップを普段の流れから時折加えたり、また、可能性が低くてもチャレンジする事が重要だと思います。

例えば、速攻で仕掛け、サイドを突破したものの、中にはフォワード一人で数的不利な場合、味方の上がりを待つケースが多かったですが、そうしている間に守備の陣形は整います。
ここぞ、という時はチャレンジが必要かと思います。

あとは、新潟のスリーバックは5バックぎみになりがちでポジショニングのバランスが悪いので、現段階ではやめて欲しいです
中央がスカスカなのと、攻撃に切り替わった際の全体的なポジションの低さが気になります。

まあ、なんにせよ、ほんの少しの変化を加えれば大化けする可能性も、または崩れる可能性もあります
新潟の最後の挽回、期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 12:59| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2016年09月17日

横浜FM3−1新潟

残留に向けての痛い連敗。。

今年の新潟を象徴するのな敗戦でした。

シーズン中盤あたりに、今年の新潟は危ないのではないかと感じてしまいましたが、嫌な形で予想が当たってきてしまいました。。

今までは、1点差のゲームが多く

「良いゲームをしているが結果がついてこない」

などと言われる事もありましたが、実際はこんな感じになっていてもおかしくない試合の方が多かったかと思います。

特に前半の様に、ボールを長く持てているものの、ゴールにせまれず決定機も決めきれないうちに、相手のシンプルな攻撃にあっさりとやられるのは今年何度見た事か。

しかも納得いかないのが3バックに変えたことです。
今年、伝統的な4−4−2を捨てて、守備時の穴の多い4−1−4−1に変え、慣れずに苦労する時期を過ごした上で、ここにきてそれをまた変えるとは・・
前節結果が出なかったので戻すかと思いきやまた続けてきたのにはびっくりです。

特に前節の前半、顕著に現れていましたが、守備時にサイドが引っ張られ5バック気味になり、攻撃に転じた時に前にかかる人数が減った事でチャンスが少なくなっています。
コルテース選手は攻撃に力を発揮していましたが、小泉選手はまるでSBの様な動きになっていました。
他のチームの3バックは左右の2人がタイミングを見て上がれる選手を配置しています。
新潟では、右の松原選手、マイケル選手あたりはそれが出来るものの、他の選手は守備がメインとなるのでメンバー構成を考えても向いていないと思います。

指宿選手をサイドに置く位なら、もっと突破力のある選手は他にいるかと。
攻撃でもワントップの様にFWの役割が固定されない2トップの方が、新潟の選手には向いているのではないかなと感じます。
ただ、いまさら4−4−2に戻してもなので、とりあえず、残りの試合はブレずに今まで磨いてきた4−1−4−1でぶつかって欲しいかと。

残りの試合、もう、「良いゲーム」は必要ありません。
残留向けて必要なのは勝ち点です。
posted by BBSHIN at 18:30| Comment(0) | アウェイ戦