2017年07月09日

浦和2−1新潟

毎試合みせつけられている粘るだけのサッカー

先制されれば終わり

運良く先制出来たとしても、残り時間どこまで粘れるか

逆転されれば、そこまで守備に力を使い過ぎていた事で、同点にする力は残っていない

こんなサッカーを続けていれば結果が出ないのも当然です。

先制点を奪うまでも、決定的なピンチが何度もありました。
運よく相手がミスしてくれたものの、マークを剥がされフリーでラストプレーまでいかれていたりと、先制出来たのは運が良かったとしかいえません。
それでも、先制したのは事実です。

そこからの守備がひどかったです。

最終ラインに6〜7人が並ぶ状態となり、最終ラインの前はほとんど人がいません。
「どうぞ攻撃してください そしてセカンドボールもどうぞ」
と言わんばかりの守備。

これをやっていれば、どこからで失点するのも当然です。
体力を奪われていき、与えるセットプレーも増えます。
早い時間帯での先制点。
引いて守るだけで守り切る事が出来ないのは常識です。
それを相手にとって、一番楽な形を提供してしまうというところがひどいです。
相手が一番何が嫌か、そういう部分を見つけ出す賢さが新潟には大きく欠如しています。

粘りの守備がメインのサッカーをやっているというのに、選手交代が浦和よりもだいぶ遅いというのも問題です。
走らされている事での溜まった疲労は新潟の方がはるかに上でした。
このサッカーをするのであれば、大抵の試合で、先に手を打つべきは新潟の方かと。
特に今年の新潟は、例年の様な走り切れるチームでは無い訳ですから。

残り試合、今までは全く違った結果を残していかなければ残留はないという状況ですが、このサッカーではそんなに良い結果を出せるわけがありません。

新監督が就任した時点ではまだまだ時間があったというのに、チームを強くするのではなく、なんとか1点取り、粘り切るという弱者のサッカーに磨きをかける事についやしてしまいました。

勝ち点差など、置かれている状況もそうですが、チームが目指しているもの、体現しているサッカーを見る限り、残留という目標を達成するのは厳しくなってきたかなと思います。
posted by BBSHIN at 20:39| Comment(0) | アウェイ戦

2017年07月01日

新潟0−2磐田 最下位に苦しむ中、ドロ沼の連敗

絶対に勝ち点3が欲しいホームゲーム。
ひどい内容での敗戦。

押し込まれ圧力を受ける中、どこかで失点しそうな中で耐える展開が続き、力負けしゴールを割られ、得点には至らないといった毎試合同じ様なものを見せつけられています。
どうしてこんなに弱くなってしまったのでしょうね・・

正直、勝利を信じつつも1点取られた辺りから
「今までの同じ様な負け方をするのでは?」
と頭をよぎってしまいました。
それ程に、他チームとの力の差を感じます。

補強した2選手に期待するしかないでしょうか。

ただ、そこにそこそこ良い選手がきたところで、そこまで劇的には変わらないかなと。
今年の新潟、結構上手く良い選手がそろっていますが、色んなポジションで他チームで見劣りします。
一番はやはりボランチです。
レオシルバの抜けた穴は大き過ぎたのかなと。
彼がいない試合はほとんど勝っていなかったというのに、そこを既存の選手で補おうというのは無理がありました。
レオシルバ、シルビーニョといった名ボランチ達のプレーが目に残っているので、今の新潟のボランチのプレーは「あれ?」と思ってしまいます。
五分五分のボールを混戦の中からフリーな選手を見つけワンタッチでマイボールにする力、空いてるサイドに正確にボールを送る展開力などが大きく見劣りします。
近くにいる選手にとりあえず渡すプレーが多すぎます。
ただ、無理をして難しいプレーをすれば決定的なミスをしてしまう可能性も大きいのかなと。

そして、あとは右サイドバックです。
原選手のタイミング良くあがりボールを受けるプレーにはセンスを感じさせられますが、やはりボールを受けてからクロスに到るまでの遅さ、寄せられてしまってからの仕掛け、などがやはり本職の選手でないと感じさせます。
逆に左SBの堀米選手はその辺りは一定ラインを満たしているかと。

ホニ選手も当初の裏への抜けだしが影を潜め、存在感を落としています。
左足からのクロス精度もそこまで高くないので、適材適所とはいえない気がします。
山崎選手はどこで使ってもそこそこ上手いので、左サイドは山崎選手、右ホニ選手、右SB矢野選手でも良いのかなと。
ただ、矢野選手の前線での高さ、強さというのは魅力的なのでもったいない気もしますが。

若干、八方塞がり感が高まってきていますが、このままでは順当に降格してしまいます。
ひきこもって固めてのカウンター狙いといった安易な戦法は、今の新潟の守備力では恐らく通じません。
全体的なレベルの向上が必要です。
posted by BBSHIN at 21:55| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2017年06月25日

鹿島2−0新潟 泥沼の連敗 最下位をキープ

またしても痛い敗戦。
苦しい連敗。

今年、ホントにまずいです。
降格の文字がちらついてきました。
サポーターなので、残留を信じて応援を続けていきますが、客観的に見ると最も弱いチームは新潟です。
このままいけば間違いなく降格するでしょう。

正直、前半に善戦している時から、決めきれないシーンを見るたびに、どこかで逆にやられそうなオーラ満点でした。
こういう試合は山ほど見てきましたからね。
良い時間帯がある事に満足しても意味ないですしね。

今年のサッカーは本当に弱いので、2点目が入った瞬間、ほぼ諦めモードとなりました。
当然、新潟サポは勝利を信じたいと思っていますが、流れ的にほぼ無理な空気たっぷりです。

それもこれも、シーズン当初から続けてきた「弱者のサッカー」が問題です。
確かにレベル的に劣る部分はありますが、がっぷり4つに組まず、
「まずはブロック」
を基本としているので、先に点を取られてしまうと、そこから急にボールを狩りにいく守備に切り替えなどなかなかできません。
だいたい、粘って粘って、失点をする頃には疲れきっています。

「何分まで粘れるか」
こんなサッカーには夢も希望もありません。

新潟の伝統だった走って走って、生まれたスペース更に別の選手が走って埋めての守備。
一体どこにいってしまったのでしょうか。

当然、常にやる必要はありません。
ただ、状況に応じてそれが出来ないのが問題なのです。
奪われた瞬間、するどく詰めて奪い返す。
これが出来ていれば、もっとゴールは取れてきたはずです。
当然、そこにはリスクがつきまとうのですが、リスクを犯さずにゴールは奪えません。
ゴール手前の部分までせまる回数が増えても、結果ゴールが奪えなければ意味がありません。

チアゴ選手の寄せやボールへのアタックがハンパですね。
彼のアジリティの低さから出るズレが少しずつ全体に波及している様に見えます。
2トップにし、FWにすれば下がって受けるので1トップ状態になり、サイドハーフにすれば明らかな守備の穴になります。
今のトップ下が一番ハマり役ですが、やはりスピードの無さが際立ちます。
技術はあるので、きっと他のチームならもっと活躍が出来るのでしょうが、守備に追われる時間が長い新潟ではなかなか輝く事が出来ません。
ここに当時のマルシオクラスの技術・スピードの選手がいれば・・

このままではきっと浮上する事はないでしょう。
新加入の選手に期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 20:51| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2017年06月04日

C大阪4−0新潟 手痛い2連敗

手痛い連敗。
この状況で4点差の惨敗はかなり厳しいです。

監督交代の初戦の勝利からの2連敗

札幌戦で感じた不安が的中する形となってしまいました・・

ラインをかなり低くし、ブロックを作っての守備は、引いた相手に攻めあぐねる様な札幌には効果的でも、他の攻撃力があるチームには通用しないのではと感じていましたが、その通りの形となってしまいました。
過去にもそういう守り方をするチームは多く見てきましたが、大抵は良い結果を残しません。
不利な点が多いので、それも当然です。
良く
「残留を狙うなら引いて守ってカウンター」
なんて言葉を耳にしますが、引けばその分相手は前に人数がかけられる様になり、ボールの出どこも自由になります。
そして、ボールを奪ってから、ゴールまでの距離も遠く、そこに人数をかければ、通常のカウンター以上に、奪われた時の逆のカウンターのリスクも高まります。
そして、一番の問題は先取点を奪われた時です。
引いて守る事を徹底してきたチームが急に前に出なくてはならなくなるのです。
その時には、体力も失っており、容易に流れを変える事は出来ません。
事実、この試合では、1点を奪われるまでは、拮抗したゲームを出来ていたものの、1点を奪われてからはなすすべもなく崩れていきました。

この形を続けていても、相手によっては結果を出せる事もあるでしょうが、負ける事が多いでしょう。
監督はまずは、
「引いてしっかり守る事から。そしてそれが出来る様になってから前から守備に」
とありますが、このまま「引いて」が出来る様になるのを待っている時間はないかと思います。
前から行かないにせよ、ラインはある程度上げ、コンパクトに密度を上げ、人にはしっかりと行く守備。
これぞ新潟です。

前任で崩れた新潟の守備が、途中から引き継いだ事で変な形に崩れていってしまっています。

ある程度、強いサッカーを目指さなければ、今シーズン、残留に足る勝ち点を残す事は出来ないでしょう。

残された時間はそれ程ありません。
選手の配置や狙っているプレーなどは悪くありません。
ただ、やはり問題は守備です。
弱者のサッカーから、バランスの取れたサッカーへと早くシフトすべきかと思います。
posted by BBSHIN at 17:11| Comment(0) | アウェイ戦

2017年05月21日

新潟1−0札幌 呂比須ワグナー新体制での初戦

呂比須ワグナー監督に代わっての初戦。

待ちに待った待望の勝ち点3をゲットしました!

この試合、鈴木武蔵選手をワントップに、ホニ選手、山崎選手を両ウイングに、そしてチアゴガリャルド選手をトップ下といった様に、配置をいじってきました。
ガリャルド選手はFWとして出場していた時も、引き気味にポジショニングしていたので、あまりかわりはないのですが、MFとして出ていたときは、サイドだとキレで縦にいくタイプでもなく、またスピードの無さから、守備での重要な局面で遅れを取る不安が大きかったです。
今回の様に中央に配置する事で、攻撃面でも活き、また、守備面の弱さが目立たなくなるかなと思います。

また、今まではロングボールのターゲットとして、ホニ選手に何度も高さ勝負をさせていましたが、そこを鈴木武蔵選手に任せたのは良かったかなと思います。
左右のウイングだと、守備で結構低い位置まで下がってこないといけなく、今までの様に、一発で裏を取る様なシーンは減りました。
ただし、それを差し引いても、今回の変化、選手の特性にしっかりと合わせた適材適所の配置がえだったかなと思います。
ホニ選手は単に使われるだけよりも、自身がチャンスメイクしてのクロスなどをやりつつ、自分が使われるといった色々な役割を与えた方が、器用さが出せる上に、相手も掴みずらくなるのかなと。


ただ、勝利をしたといっても、内容の方は決して良いものではなかったかなと思います。
この試合、玉際の激しさには気持ちを感じさせてくれたものの、ボールホルダーに寄せきれず、受身の守備に見え、明らかに危険なゾーンに入ってきた選手にも、距離を詰めないというシーンが目立ちました。
相手が引いた相手にせめあぐねる札幌だったからまだ良かった様なものでしたが、前節の浦和の様な強豪相手にこの守備をしていたら、自由を与えられたパサーからせまいスペースの中からでも、どんどんと危険なパスを入れられてしまいます。

といっても、監督コメントを読む限りは、その辺りも含め狙いだった様です。
現状のチーム力、対戦相手を考えると、この方法が一番ベストだったのかもしれませんね。
そういう意味では、かなりのやり手監督なのではないかと期待してしまいます。
ただ、これから続く長いシーズン、相手次第ともいえるこの手法が何度も成功を収めるというのは無理があると思います。
引いてカウンターを狙うのは良いにせよ、ある程度のラインまで進入してきた選手には厳しく寄せていく必要があると思います。
新潟の伝統ともいえる運動量が重要なのかなと。
そこまで前からいく事はないにせよ、進入してきた相手に対しては若干のリスクを犯し豊富な運動量でボールにアタックし、空いたスペースは他の選手が運動量でカバー、更に空いたスペースは他の選手が、といった具合に連動したアグレッシブな守備こそが今シーズンの浮上の鍵になるかなと思います。

この勝ち点3を契機に、降格ラインから抜け出し浮上してくれる事を期待したいと思います。
posted by BBSHIN at 00:50| Comment(0) | ホーム戦

2017年05月14日

新潟1−6浦和 

手痛い惨敗

今年の新潟弱すぎです。。

前半で崩れたこの試合、地力で大きく違う浦和相手でしたが、采配にも大きく問題があったかと思います。

4−4−2でスタートしたかと思われた前半、気付くと加藤選手がウイングバックの様な、左SBの様なポジションに入り、5バック、3バック的なフォーメーションとなりました。
サッカーはフォーメーションでやるものではないですが、この布陣により、前線の人数が減り、中盤ではボールを取れず、浦和選手に自由にプレーさせてしまいました。
恐らくは浦和に対し、一人ひとりが責任感をもってあたるミラーゲーム的なものを想定していたのではないかと思われますが、実際は単に後ろに人を余らせ、中盤、前線の人数を減らす形となりました。
人にいけず待ち構える守備が染み付いた今年の新潟のメンバーに、このやり方は荒療治過ぎたのではないかなと思います。
その結果、人数はいるけど、誰が誰を見るかなども曖昧な状況で、同じような2失点。
急造の左サイドと、余ったDFという緩さを、浦和は見逃さず二回もついてきました。

片淵コーチは、昨年、吉田監督の築いてきたものをほんの少しいじり、手数をかけずに前にベクトルを変えるという柔軟な対応を見せてくれました。
そうした意味では、この試合では、昨年の様な下地がない中、今までのカウンターサッカーにほんの少し手を加えてくれることを期待していました。
この試合でやるべきは、新潟のこれまでのサッカーの短所を縮めつつ、現状を改善し次期監督に引き継ぐ事だったかと。
そういう意味では、今までどおり、そこまで前からいかないサッカーをやりつつ、ある一定ラインを越え入ってきたボールに対しては厳しくいき、時には人数をかけて奪い取る今までの新潟の守備を少し取り戻させ、ホニ選手なり武蔵選手なりを使ったカウンターをやるべきだったのかなと。
(前線からガンガン激しくいく様な守備はなかなか難しく、これからの季節、空回りする可能性が大きいかと)

この試合の様に、大きく変えすぎると、何が悪かったのかすら分からなくなるというのは、過去にも何度も経験してきました。

ただ、新監督が采配を取るまでの暫定的な処置という事もありますし、ここに込めた想いの強さは感じとれました。

監督が変わったからといって、すぐに劇的に変わるものではありません。
今までのサッカーをしっかりと把握した上で、良い部分、悪い部分を見つめなおし、中盤以降に向けて躍進出来る様に、この1ヶ月位は焦らずチームを作る作業をしてもらいたいものです。


あと、最近キーパーのミスはないですが、フリーキックやコーナーキックでの飛び出しなど、キーパーにしか防げない局面での失点率が高すぎます。
スキル的に上回っている事でスタメンとなっているのでしょうが、そこまで大きな差がある様に見えないので、悪い試合が続けば代え、良い試合の後は代えないといった様にしていかないと競争の原理が働かないかと。
せっかく近いレベルの二人がいるので切磋琢磨してもらいたいものです。


もう落ちるところまで落ちているので、この大敗がターニングポイントになる事を願っています。

そして、次のホーム札幌戦。
ここは、監督が、やり方が、とか言ってる場合ではありません。
内容が良かろうが、悪かろうが、どんな形であれ、結果が必要となってくる試合です。
この試合は、今年の新潟の運命を占う試合となる事でしょう。
なんとしても勝利を!
posted by BBSHIN at 17:01| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2017年05月05日

川崎3−0新潟 絶望的な3連敗

ひどすぎる完敗

今シーズンの新潟は弱すぎます。

前節の敗戦で今年の新潟は厳しいと思い、この試合までの間に監督解任、暫定監督等の対応があるかとも思いましたが、特に動きはなし。

そして、この試合も順当になすすべもなく敗れてしまいました。

サポーターとして、勝利を願い試合を観るのは当たり前なのですが、今年は試合が始まるまでのわくわく感があまりありません。
何か特別なラッキーでもおきない限り勝てる気がしません。
実際、今シーズン、唯一の勝利も計算が出来ないセットプレーでのゴールです。
普通にやって普通に勝てる気がしません。
試合を観てても最近は楽しくなくなってきて、惰性で観ている状態です。
10数年アルビを愛し、観戦してきている私でもその様な状況になっているので、最近観始めた人などは、もっと楽しい娯楽にいくのも納得です。
観客が減っていくのも当然かと思います。

正直、今の監督での浮上の糸口は現在のところ感じ取れません。
例えば前節、追いかける状況でのメンバーチェンジでロメロフランク選手にかえての本間勲選手。
あの試合、一番ボールに対して激しくいけてたロメロ選手は、いち早くボールを奪って攻撃に繋げるためにかかせない選手でした。
そうした中、本間勲選手は、長年ボールホルダーに対し、距離を取る守備が体に染み付いています。
久々にみると、そのプレースタイルはさらに顕著になっていました。
勝ってるゲームを収める役目ならまだしも、あの状況のあのメンバーチェンジはないかなと思いました。

あとは、終盤、ガリャルド選手が足を痛めるそぶりを見せた中、様子を見る事なく、準備した交代をそのまま続行しました。
実際怪我ではありませんでしたが、動きはかなり鈍くなっており、熱くならず、冷静にもうワンテンポ待ってから交代させるべきだったかなと。


ゲーム全体見て恐らく、
「チャンスは作れている」
といった印象を持っているかと思います。
ただ、結果ゴールを奪えなければ何の意味もなく、90分サッカーをやっていれば、大抵チャンスというのはあるものです。
そこを決めるか決めないか、というのが重要なのかと。
実際、今回の川崎は3得点の他にもたくさんのチャンスを作っていました。
多くのチャンスを作る中、いくつかの決定機をしっかり決めるのが強いチームです。
今年の新潟は現状ではかなり弱いチームかと思います。
善戦による敗戦、大敗、善戦を繰り返しているうちに、取り返しのつかない事態となってしまいます。

今年のメンバー大幅入れ替えやチーム作りなど、監督だけでなく、チーム全体に問題があり、このままではJ2への降格はさけられないものと思います。
例年とは状況が違います。

このままいけば、ほぼ間違いなく降格するでしょう。
チームやサポーターに「変える」という意思を示す意味でも、何らかの決断が必要かと思います。
posted by BBSHIN at 17:08| Comment(0) | アルビレックス新潟関連

2017年04月22日

新潟0−3FC東京 ホームで勝てない日々が続く・・

ホームでの惨敗
数試合観たあたりから感じてますが、今年の新潟は本当にひどいですね。

色んな部分でチームが未完成だと感じます。

まず、一番の問題はホニ選手ありきの戦い方になっていることです。
ホニ選手を下げた途端に攻撃の形が作れなくなってきます。
そして、ホニ選手自身も、素晴らしい裏への抜け出しはあるものの、ボールを持って最後の一人を抜いてゴールというタイプではない様です。
彼が裏へ抜け出し、決定機を作り、もう一人がゴール前に詰め決める
といった形が理想的かと思いますが、FWのもう一人のガリャルド選手は下がって受けてホニ選手に決定的なパスを出すという役割が大きいので、ホニ選手が受けるとひとりでゴールまでトライするしかない状況となっています。
若干ガリャルド選手は昔のミシェウ選手の様な状態となっており、実質ホニ選手の1トップの様な形となっています。
かといって、ガリャルド選手を中盤に下げると、スピードがないので、これまた守備が崩壊しそうです。
唯一といって良い決定的なパスを出せる選手の置き所が難しいのかと。
ただ、長い目で強くなるためには、ガリャルド選手を一列下げた上で、守備もしっかりと構築し、ストライカーをもう一人前線に配置すると良いかなと思います。
山崎選手はハーフでとても良いプレーをしているのでもったい無い気もしますが、二人の役割を入れ替えるのもアリかなと。

もう一つ、ボランチにも難があるかなと。
開幕より続けていた原選手、小泉選手のダブルボランチは、ボールを前に運ぶ部分が出来ていませんでした。
器用な原選手は左SBでも良いプレーを連発しています。
前節よりスタメンに入ったロメロ選手は、完全にフィットしているとはいえず荒さは見えるものの、守備攻撃で力強さを感じさせてくれます。
ここは使い続ける必要があるかなと。
あとはやはり、小泉選手です。
俊敏性もあり、ボール奪取に長けており、将来性の大きさは感じるのですが、やはりゲームを落ち着かせたり、奪った後、的確にボールを前につけたり、裏を狙ったりする部分の判断では、他チームのボランチにまだまだ届いていない様に感じます。
良い感じになってきているので、もったいない気もしますが、一旦サブとし、左SBに別の選手の台頭があれば、ロメロ選手と原選手を組ますか、または、過去に見た富澤選手のボランチは良かったので、今も出来るのであれば一列上げるかなどし、攻撃時に落ち着きを持てる様にして欲しいものです。

あと、この試合のメンバーチェンジにも疑問が残ります。
終盤の大野選手の投入での3バック、そしてジュフン選手を上げてのパワープレイ。
ほんとに練習してきたのかと思ってしまう程の完成度の低さです。
しかもタイミング的にも遅く、FC東京のメンバーチェンジに対し後手にまわっている様に見えました。

今年の新潟、決して悪い選手層ではない気もしますが、適材適所とはいえず、メンバー選びや采配に疑問が残ります。
また、ホニ選手やガリャルド選手が90分使えない場合、彼抜きで戦えるチームになっていない事にも不安を感じます。

ここまでくると、そろそろ決断が必要かと思われます。
じっくり待つ余裕はないかと。
posted by BBSHIN at 19:07| Comment(0) | ホーム戦

2017年04月08日

鳥栖3−0新潟

完敗!!

今年の新潟、本当にまずいです。

弱い。

弱すぎる


前半良いプレーを連発し期待を感じさせてくれる部分もありましたが、押し気味に進めながら決めきれず、簡単なプレーでやられるという波の悪いチームの典型的な流れになっているかと。
こんな試合がしばらく続いていますね。

去年のサッカーもひどかったですが、今年はそれに輪をかけて厳しい気がします。
パっと見良さそうなのに勝てる気がしません。

メンバーをかえて挑みましたが、原選手の左SBコンバートは良かったですね。
小泉選手、原選手のダブルボランチは、悪くはないものの決め手に欠いていましたね。
加藤選手は二人にはないパスをしていたかなと。
攻撃的な部分で力を発揮出来る本職ボランチがいるのが一番良いのですが。

端山選手はかなり消えていたので、現段階では途中出場とかの方が無難かなと。。
今日の出来が悪かったのかもですが、もっと早く交代させても良かったかと。
出来れば調子が良く、結果を出している田中達也選手を先に出してあげたいところです。

今年のチーム、ホニ選手、チアゴガリャルド選手、山崎選手と強力なアタッカー陣がいるので、やり方次第では得点を量産出来るチームになってもおかしくない気配はプンプンと漂っています。
やり方次第で強くなる気配も十分にありまりますが、、、 どうも、今年はそうなる気がしません。

これは早いうちに手をうった方が良い気がします。
posted by BBSHIN at 17:06| Comment(0) | アウェイ戦

2017年04月07日

dazn for docomoに切り替え

DAZNに決まった当初、登録し海外サッカーなどを無料期間で視聴し試し、その後解約し、Jリーグ開幕とともに再度もうしこみました。

その間、ドコモユーザーは安く観る事が出来ると聞き、3月末で一旦解約し、ドコモから申し込む事としました。

ドコモのHPから申し込みを行い、4月上旬に試したところ、解約したものの4月5日までは視聴可とのことで、そのままにしておきました。
そして、今日観てみたところログアウト状態になっており、Dドコモログインというのが出ていたので、そちらをクリックすると、6ケタのシリアルコードが表示されました。
テレビ画面に表示されたURLにパソコンのブラウザ(スマホも可らしい?)で行ってみて、シリアルコードを入力とのことでしたが、うまくいきません。
ブラウザをIEとグーグルクロム併用している事もあり、IEの方ではうまくいきませんでした。
クロムを使うとコードの入力が出来、その後、マイドコモのログイン画面へと移りました。
ドコモのIDでログインをした瞬間、認証が出来たのか、テレビから音声が流れ、DAZNの視聴が始まりました。
意外に簡単でしたね。
これで次のアウェイに向けての準備が整いました。
posted by BBSHIN at 00:13| Comment(0) | 日記