2016年05月14日

浦和0−0新潟

首位浦和相手にアウェイで貴重な勝ち点1をゲットしました。

前節のガンバ戦の様にアグレッシブに前から行くかと思いきや、スタートからかなり引いて守る形にシフトしてきた事にかなり驚きました。
メンバー表のフォーメーションを見る限り4−4−2なのかと思ってましたが、いざ始まってみると5バックの5−4−1となっていました。
5バックと中盤の4人がフラットになった2ラインの前に1トップ山崎選手といった形でした。

そうしたフォーメーションもあり、バイタルエリアで持つ浦和の選手にチェックがかからず、ボールを保持され続け、フリーで危険なパスを出されるシーンが多かったです。
その分、ペナルティエリア内には人数をかけ、最後の部分ではしっかりと守っていたかなと。
遠めに見るとかなりバランスが悪い布陣で、ギリギリの守備が続いていましたが、何とかしのぎ切れたのは良かったかなと思います。
5バックにする事で、エリア内に人に強いディフェンダーが集まり、一人ひとりの距離が短くなるので、間を抜かれる事が少なかったかと。
4バックであれば、大野選手がPKを与えた様なシーンも、もっとたくさん作られていたかもしれません。
パっと見、小泉選手が一列上がり、見ていた選手をマイケル選手がみる様にしたほうが、中盤のスペースがうまり、もう少し押し込まれる時間も少なくなったと思いますが、この辺りは一長一短あるかなと。
結果0で抑えているので、正しい選択だったのだと思います。

攻撃に関しても、後半前に出ていき、ゴールを決めてもおかしくない様な決定的なシーンもいくつか作りました。

そろそろ勝ち点3が欲しい時期ではありますが、ガンバ、浦和と強敵相手に失点0の勝ち点1ずつというのは決して悪くないかなと思います。
次に期待ですね。
posted by BBSHIN at 23:23| Comment(0) | アウェイ戦

2016年05月04日

鹿島2−1新潟

痛いアウェイでの敗戦。
しばらく勝てていなく、状況はかなり悪いです。
最近の試合の中では、比較的良い内容だったものの、結果がついてこないところは相変わらずです。
そこまでのピンチでないのに簡単に失点してしまうのも今年の悪いところです。
人にしっかりついていた柳下アルビであれば起こり得ない様な失点を繰り返しています。
マンマークからゾーンへと守備のやり方がかわりましたが、危険なポジションにいる選手にしっかりつかなくても良い、的なプレーが随所に見受けられます。
また、攻撃も手数をかけ過ぎというか、数的同数で速攻を出来るタイミングでも、3割位の成功率のパス位だったら遅効に切り替えるシーンが目立ちます。
今回の試合の様に、力量に差がある相手からゴールをねじ込む可能性が高いのは、やはりカウンターかセットプレーです。
パスで繋ぐサッカーをやりつつも、いける時はいく様にしないと見ててゴールを割れる気がしません。
そういう意味でも野津田選手の場所にはやはりスピードのある選手やドリブラーでないと厳しい気がします。

あとは、今シーズンサイドから指宿選手の高さを活かすプレーが少なく、中央突破での足元へのプレーばかりになっている気がします。
一辺倒な攻撃が続き、ボールを狩られる回数が多く、相手DFの狙いどころになっている様に見えます。

このままでは、今年の新潟、かなり危険な香りがします。
なんとかならないものでしょうか。
posted by BBSHIN at 18:53| Comment(0) | アウェイ戦

2016年04月24日

名古屋2−1新潟

痛い3連敗

今年の新潟の悪さが全部出てきた様な試合です。
今シーズン、新潟は細かくつなぐ事を徹底していますが、一番近くの選手への横パス、バックパスなどが多いため、守る側も明らかに狙っており、奪われれば大きなピンチとなります。
昨年よりもボールを大事にし、後ろからつなぐ様になったのは良いのですが、それを徹底しすぎるあまり、この試合の2失点目の様なピンチも増えています。

昨年までは、バックラインでのまわしでも、一つ飛ばす様なパスが見られたのですが、今年は隣の選手に渡すばかりで、後ろでまわしていても状況が好転せず、逆に追い詰められることも多々あります。

あとは、ゴール前での最後の選択でパスが多いのも気になります。
打てる状況で打たない事で、カウンターを浴びるケースが多いかと。
エリア内まで入れば、打てば何かが起きるかもしれないのに、、
「ボールを大事に」
という決め事を守り過ぎに見えてなりません。
それも重要ですが、ゴールを割るのは、やはりダイナミックなプレーからの方が多いと思います。
今の新潟は縮こまったプレーが多いです。
試合終盤、時間がなくなり手数少なく攻めている時の方が可能性を感じる位です。

今の戦い方、だいぶ浸透してきている様に見えますが、ボールキープ一辺倒ではなく、もう少し柔軟に、そしてバリエーションを増やさないと通用しないかなと。

このままでは、今年の新潟、ヤバいかもしれませんね。
posted by BBSHIN at 15:06| Comment(0) | アウェイ戦

2016年02月22日

ブリーラム・ユナイテッド2−1アルビレックス新潟

開幕まで1週間。

今年のチームがどんななのか気になる中、タイで開催されたブリーラム・ユナイテッド戦のスカパー放送を観ました。
開幕に向けプレシーズンマッチ的な位置付けとなりますね。

フォーメーションは伝統的に続けられてきた4−4−2から変更となりました。
4バックは変わらず、ワンボランチの4−1−4−1または4−3−3の様な感じでしょうか。

相手はACLなどで戦う強豪という事でもっとやられる事を想像していましたが、思いのほか新潟はしっかりやれていた印象です。

そして、新潟のサッカーは今までのものを活かしつつも、大きく変化が加えられた様に感じました。
しっかりと走るというベースは変わらないものの、ボールを大事にしっかりとつなぐという点に変化が見られました。
まだ慣れてない事もあってか、あわや失点しそうな守田選手のバックラインでのパス回しの際のキックミスなど、今までなら単に大きく蹴りだしていた部分でも、繋ぐ意識が見られました。
ただ、このシーンは、繋ぐ選択は正しかったにせよ、他の場面では押し込まれている場面で前につける危険なショートパスが目立ちました。
基本ボールを大事にしつつも、無理な時は大きく蹴るといった、その場の状況判断が出来てくるとなお良いかなと思いました。

あと、大きな変化の一つはセットプレーの守備です。
特にコーナーキックの守備が、マンマークからゾーンになりました。
昨年はマンマークで、マークをはがされての失点が目立ちましたが、今年はこの試合の2失点の様に、各選手の間にきたボール、人に対しどちらがいくのか、という部分が大事になってきそうです。
他にも、最初にボールが飛んでこない位置にいた選手が、ボールを見過ぎているのか、近くにいる選手をフリーにしている場面が目立ったので、スラされたりした場合などのセカンドボールにも危険があると感じました。
マンマークにせよゾーンにせよ完璧なやり方というのは無く、どちらの場合も「一人ひとりがしっかりと責任を果たす」という事が重要になってきます。
今年は、セットプレーでの失点が大幅に減る事を期待したいと思います。

この試合で目立ったのは、山崎選手のドリブルです。
かなりキレキレで、キックフェイントがかなり効いていました。
あとは、これをゴールに繋がる様にプレー出来れば最高です。
新加入伊藤選手もなかなか良い感じでした。

あとは、レオシルバ選手が一列前に出た事で、ゴール前に顔を出すシーンが増え、ゴール量産の予感が漂います。
この試合の様なゴールをどんどん決めてほしいですね。

あと一週間、開幕が待ち遠しいですね。

湘南戦のチケット取れたので、応援に行きたいと思います!
posted by BBSHIN at 00:17| Comment(0) | 日記

2015年10月14日

ナビスコカップ準決勝

あと少しのところまでいきましたが、とても残念でした。
この悔しさをバネに、来年以降、タイトルを取って欲しいと思います。

しかし、1戦目の勝利は劇的でした。
レオシルバ選手の退場で絶対的不利な状況になりながらの、ラファエルシルバ選手のゴールには痺れました!

ただ、このレオシルバ選手の退場が2戦目に響きました。
小林選手、端山選手のWボランチは、どちらかが悪いという訳ではないものの、慣れていない事もあってか相手の中盤をフリーにさせる事が多かったと思います。
特に一番危険な遠藤選手にフリーな状態でパスを出させてしまう事が多かったかなと。

あとは、相手のミスからの山崎選手の決定機。
たらればはタブーですが、あれが決まっていたらと思わずにはいられません。

ホーム&アウェイでのアウェイゴール数など、初めて体験する選手も多く、この経験は今後活きてくるのかなと思います。
負けは負け。

切り替えて、まずは天皇杯で勝たなくては。
そして、最も大事なJ1残留を成し遂げて欲しいですね。

このチーム、来年もJ1にいれれば、きっと強くなると思います。
posted by BBSHIN at 07:20| Comment(0) | ナビスコカップ

2015年09月10日

天皇杯2回戦 アルビレックス新潟4−Oブラウブリッツ秋田

とりあえず4−Oの勝利は嬉しいですね。

ホームではやっぱり勝ってもらわないと。

新潟は長谷川巧選手、宮崎幾笑選手のユース2選手の他、初出場の酒井高聖選手がスタメンになるなど、メンバー総入れ替えで試合にのぞみました。

序盤は相手の鋭い寄せ、速いパスワークに新潟が後手を踏んでいました。

攻撃では全体的にそこそこやれていたものの、守備では酒井高聖選手のマークミス、1対1でやられたり、また、右サイドバックの長谷川巧選手が人についていって出来たスペースを使われるシーンが目立ちました。

天皇杯は一発勝負の難しさもあり、新潟は例年下のカテゴリの相手に対し苦しいゲームをする傾向にあるので、前半の展開は過去の試合の記憶がよみがえりヒヤヒヤしながら観ていました。。

そうした状況をひっくり返したのはラファエルシルバ選手です。
秋田のディフェン不の選手がロングボールに触らず数回バウンドさせてしまった隙を見逃さず、ボールを奪いスピードで振り切り貴重な先制点を奪いました。

後半は新潟も攻守の連携を立て直し、逆に秋田は前半の後を顧みない猛烈プレスのつけか守備が甘くなり、形勢は新潟に傾きました。

田中達也選手の2ゴール、ユースの斎藤宏太選手のゴールなどにより、4−Oの大勝となりましたが、点差程圧倒したゲームにも見えませんでした。
前半、秋田の決定機では相手の決定力不足に助けられた部分がありますが、J1相手であれば普通に決められてた様なシーンを2,3度作られていたと思います。

といっても、秋田は2つ下のカテゴリとは思えない程に、上手く速かったと思います。
パスの連携も良く、新潟の選手のプレッシャーを受けながらも奪われずにしっかりと次の選手に繋ぐ技術の高さも際立っていました。
あえて言うなら、ブロックの外でのボールまわしは上手いけど勝負どころのパスの精度や、フィニッシュの部分のパワーや正確性が今―つだったかなと。
まるで、ファーストステージの新潟を観ている様な気持ちになりました。
そうした事もありますが、なかなかのレベルにあるチームを相手にメンバーを入れ替え4−Oで勝利出来たのは大きかったかなと思います。
今回の勝利の勢いをリーグ戦に活かし、浮上していってもらいたいですね。
posted by BBSHIN at 21:44| Comment(0) | 天皇杯

2015年09月08日

浦和3−0新潟 ナビスコカップ準々決勝

3−0での敗戦ながら、記念すげき準決勝進出。

もちろん勝って欲しかったですが、喜ぶべき結果だったと思います。

前半は良い感じにガチガチと拮抗した展開でしたが、後半1点取られるとバタバタと失点を続けてしまいました。

ゴール裏から遠目に見た限りでは、浦和は4バックと3バックを試合中に使い分けていた様に見えました。
そうした事もあってか、マークがズレてバイタルエリアにフリーで進入されるシーンが何度かありました。

あとは1失点してからは、少し慎重になったのか新潟が引き気味になった事もあり、中盤で余裕でボールを持たれる場面も多かったと思います。

また、雨のピッチの中、いつも通りのポゼッションをしようとし、もたついてカットされるシーンも目立ちました。
あまり無理をせず、危なくなったら蹴ってラインを上げて仕切りなおしといったプレーを増やしても良かったのかなと。

経験した事が無い展開に一気に崩れる事も予感しましたが、3点目を取られたあたりからは、

「まだ2点差で勝っている」

という余裕を感じる様にもなりました。

終盤はしっかりと時間を稼いで追加点を防ぐ事が出来たのは良かったです。

本音をいえば、5点差という優位な状況を活かし、相手の自滅を誘う様な賢いサッカーも見たかったですが、とりあえず準決勝進出という大きな結果を残してくれたのはとても嬉しい事だと思います。

素晴らしい2試合でした手(チョキ)
posted by BBSHIN at 01:51| Comment(0) | ナビスコカップ

2015年09月03日

新潟5-0浦和

天敵浦和を相手に5点差の解消!

素晴らしい!!

アウェイゴールを与えなかったのも大きいです。

新潟はいつも通りのプレーに見えましたが決定力の部分だけが違いました
浦和はいつもより元気がなく、リードされるとリスクを犯して攻めてきましたが、リスク管理が雑だった印象です
ホームアンドアウェイという事もあり、無理にでもアウェイゴールを取りにきていた様に思えます
三人一度にかえたりと、普段の対新潟の浦和ではありませんでした
結果論にはなりますが、2戦で決まるを考えれば、序盤からそこまでリスクを犯さなくても良かったのかなと

新潟の方はラファエルシルバ選手の復帰初戦のゴールは大きいですね
次節、浦和は更に攻撃に力を入れてくると思うので、高いDFラインの裏を狙えるラファエルシルバ選手、山崎選手が効いてきそうです

当然5点差を利用した賢いゲーム運びが必要になりますが、過度にやり方を変える必要はなく、いつも通りの新潟のサッカーをやれれば、おのずとロースコアゲームになってくれるものと思われます
引きこもりのカウンター狙いは逆にヤバいかと
攻める時間が長ければ、守る時間も減り、大量失点のリスクも減ります
いつものポゼッションが出来るか、運動量豊富に集中した守備が出来るか
そして、ここぞという時には多少のリスクを犯して勝負をかけられるか
この辺りが重要になってきます
浦和からすれば一点たりとも与えてはいけないのですから、新潟の攻撃に脅威を感じさせる事が、浦和の攻撃力を落とす事にも繋がります

その上で、勝てれば最高ですね
なんてしても準決勝に進出してもらいたいです!
posted by BBSHIN at 12:43| Comment(0) | ナビスコカップ

2015年08月18日

清水1−1新潟

何とか拾った勝ち点1

内容はひどいものでした。

コーナーキックからの指宿選手のゴールはとても良かったです。
新潟はセットプレーが攻守ともに弱いので、こうしたゴールは久しぶりですね。
新潟はセットプレーでは定番のマンマーク守備で、揺さぶりでフリーマンを作られまくっていますが、清水の場合は逆にゾーンで誰が誰をみるかが曖昧になっている様ですね。
新潟のまずい守備を繰り返し見てると「どうせ外されるならゾーンで誰かがボールにいく様にした方が無難では…」と頭によぎる時もありましたが、今回の清水のプレーを見ると、それも安易な考えだなと思いました。

守備では、先週水曜日の浦和戦の疲れが抜けていないのか、前節の様に前から行く事が出来なくなっていました。
浦和には通用しなかった前線プレスですが、恐らく清水には有効な武器になると思っていたので予想外の動きの重さは残念でした。

そしてそれが、攻撃にも響いているのか、イージーミスを連発していました。
普段なら状況の良い選手を選んでパスをしているのに、この試合ではサポートも無い前線の選手にとりあえずぶつけて奪われるというのを繰り返していました。
普段の新潟の選手であれば、もっとサイドのフリーな選択肢を見つけてもっとボールをキープ出来ていたと思うのですが・・・
他にも、収めてマイボールに出来そうなこぼれダマも簡単にクリアしたり、大きくクリアするべきところを、アバウトに軽く蹴ったりと、全体的に判断が悪く、チーム全体から焦りを感じました。
もっと冷静にやれれば、上手くしっかりとプレー出来る選手が揃っていると思うのですが・・
明らかにリズムを崩していましたね。。

次こそは勝利が欲しいです。
さすがにそろそろヤバくなってきましたね。
posted by BBSHIN at 02:41| Comment(0) | アウェイ戦

新潟1−2浦和

悔しい逆転負け

序盤は前線からのプレスがはまり浦和を圧倒していましたが、徐々に浦和がプレッシャーをかいくぐる様になりました。
浦和がディフェンスラインのまわしで、3人が大きく開いてワイドに展開する様になると、新潟はプレスのかけどころを失った様に見えました。
行ききれない時に半端に前からボールや人に行き過ぎると逆にピンチを招くので、それを察した新潟が少しブレーキをかけた様にも見えました。
暑い夏に序盤に飛ばしすぎた事もあってか終盤は失速してしまいましたね。

しかし、リードを奪われてからの浦和の冷静なゲーム運びはさすがですね。
今年こそは浦和に勝てると思ったので、とても残念です。
posted by BBSHIN at 02:31| Comment(0) | ホーム戦